おもちゃの定額制レンタルサービス

KIDS LABORATORY

知育玩具

2歳児におすすめの手作りおもちゃアイデアまとめ!愛情たっぷりの知育玩具を作ろう

知育玩具のレンタルはキッズ・ラボラトリー

子どもはおもちゃが大好きです。好奇心が旺盛な2歳児の知育に役立つおもちゃを探している方もいるのではないでしょうか。市販の知育玩具を購入するのも良いですが、子どもの成長に合わせておもちゃを手作りするのもおすすめです。

そこで今回は、2歳児向けの手作りおもちゃのアイデアをまとめました。知育で押さえておきたいポイント別にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

2歳児の手作り知育おもちゃで押さえておきたいポイント

はじめに、2歳児向けの知育おもちゃで押さえておきたいポイントを確認しましょう。まずはおもちゃ全体のポイントとして、シンプルな構造であることです。2歳児はまだまだ複雑な仕組みを理解するには難しい年齢です。並べて遊ぶ、引っ張って遊ぶ、投げて遊ぶなどといった、単純な動作で楽しめるようなおもちゃが良いでしょう。なお、2歳児の知育として、手指の使い方の成長を促すこともポイントです。手指のさまざまな動作を行うごとに、子どもの手先はどんどん器用になっていきます。物をつまんだり、決まった場所に置いたり、はめこんだり、少し細かい動作を含むおもちゃもおすすめです。また、2歳児は音が鳴るものに大きな興味を示すため、遊んでいる最中に音が鳴るおもちゃも良いでしょう。

なお、2歳児は遊びの中で話す言葉の数を増やしていくことも大切です。大体2歳頃になると「ママ」や「ワンワン」など、単語を話せるようになってきます。子どもによっては2語文を話し始めることもあるでしょう。ちょうど発語の時期にあるため、できるだけさまざまなものへの興味関心をうながし、話せる言葉を増やしたいものです。言葉を絡めたおもちゃなら、遊びの中で自然に言葉を身に付けさせていくことができます。また、数に関する学びを意識するのも良いでしょう。おもちゃの中に数字を取り入れて、少しずつ数字に慣れ親しませるのがポイントです。

なお、これは2歳児に限らずすべての子どもへのおもちゃに言えることですが、安全性に十分配慮しながら作ることは最も重要なことです。子どもの発想は非常に自由です。もしかしたら、おもちゃでこちらの想定していなかった遊び方をする可能性もあります。どのような遊び方をしたとしても、子ども本人も周囲の人にも危険でないようなおもちゃを作ることが大切です。壊れた場合ケガの恐れがあるような素材を使っていないか、誤飲の恐れはないかなど、万全の注意を払いながら作りましょう。

手や指を使って遊べる知育おもちゃ

まずご紹介するのは「牛乳パックの積み木」です。牛乳を飲んだ後のパックを捨てずに利用できるため材料費が安く抑えられるほか、安全性も高く非常におすすめです。作り方も簡単です。用意するものは牛乳パック、はさみ、セロハンテープだけで、飾り用に折り紙やシールなどもあると良いでしょう。牛乳パック底面1辺の、2倍の長さのラインで牛乳パックを切ります。次に、切り口の四隅から、パック底面1辺分の長さの部分まで切り込みを入れます。切り込みで折り目をつけて閉じると、立方体になるはずです。あとはセロハンテープで形が崩れないようしっかり固定し、外側を折り紙やシールなどで飾り付ければ完成です。なお、パックを閉じる前にお米や小豆などを入れれば積み木をしながら音を鳴らして遊ぶこともできます。

次におすすめのおもちゃは「ポットン落とし」です。積み木よりも遊び方の難易度が少しアップするおもちゃですが、難しい仕組みではないので楽しく遊べるでしょう。用意するものは蓋つきの透明な食品保存容器、ネームタグ、ペットボトルのふた、カッター、ビニールテープです。食品保存容器はできるだけ高さがあり、大きいサイズが良いでしょう。ネームタグに貼るシールなどもあるとさらに子どもに喜ばれます。まずはペットボトルのふたを2つくっつけてビニールテープでしっかり固定し、円柱型のおもちゃを作ります。次にネームタグにシールを貼っていきます。この作業は子どもと一緒にやるのもおすすめです。

最後に、食品保存容器のふたに、ペットボトルのふたやネームタグを落とせるような穴を開けます。カッターを使ってふたを切り抜きますが、穴はほど良いサイズにすることがポイントです。穴が大き過ぎるとおもちゃを入れるのが簡単になってしまいます。また、穴のサイズがギリギリ過ぎると遊びにくくなります。穴を開けたら完成です。容器の中にタグやペットボトルのふたを落とすシンプルな構造ですが、子どもが喜びやすいおもちゃです。なお、タグに動物や果物など、言葉を一緒に覚えられるようなシールを貼るのも良いでしょう。

さらに細かい動作で遊ばせたい場合は「魚釣り」のおもちゃはいかがでしょうか。用意するものは、画用紙、ペン、クリップ、割りばし、毛糸、磁石、はさみ、セロハンテープです。まずは画用紙にペンで魚を書きます。魚だけでなく、イカやカニ、くじらなどさまざまな海の生き物を書くのも良いでしょう。書き終えたらはさみで画用紙の絵をくりぬいていきます。くりぬき終わったら、魚の絵の口元などにセロハンテープでクリップを留めていきます。クリップがはずれないよう、しっかり固定してください。次に毛糸を適当な長さに切り、糸の端を割りばしに巻き付けます。ちょうど釣り竿のような形になったら、割りばしと反対の糸の先に磁石をくくりつけます。こちらも磁石がとれないよう、しっかり固定しましょう。あとは魚を床に並べて、釣り竿の磁石でくっつけ、本物の魚釣りのように遊びます。

音を鳴らして遊べる知育おもちゃ

まずは空いたペットボトルを利用して作る「ペットボトルマラカス」をご紹介します。材料は空になったペットボトルと中に入れる大きめのビーズ、この2つだけです。作り方も非常にシンプルです。ペットボトルの中にビーズを適量入れて、しっかりふたを閉めましょう。これで完成です。材料費も手間も時間もほとんどかからない、ママにも嬉しいおもちゃです。なお、中に入れるビーズの色を変えたり、星やハートなど形の違うタイプを使ったり、あるいはおはじきや鈴など違うものを入れたり、さまざまなアレンジを加えることでおもちゃの幅が広がります。また、ペットボトルの容器にマジックでイラストを描いたりシールを貼ったりしてにぎやかに飾るのもおすすめです。

昔ながらのおもちゃ「お手玉」も2歳児にぴったりのおもちゃです。やわらかい布の手触りとやさしい音が楽しめます。用意するものは好きな布、糸、針、中に入れる小豆やビーズ、はさみです。布は長方形に切り裏側が表面にくるよう、短辺を合わせて2つに折ります。片方の長辺の少し下を辺にそって波縫いし、端まで塗ったら、布がくしゅっと集まるよう糸を引っ張ります。そのまま布の周りを数度ぐるぐる巻きにして玉結びで留めます。裏返したら、袋状になった布の中に小豆やビーズを入れましょう。中身を入れ終わったら、さきほどと同じ要領で開き口の布の内側を波縫いします。

糸を引っ張って布を寄せ、口を閉じたら玉結びで留めれば完成です。お手玉作りは難しいようなイメージがあるかもしれませんが、手順は非常にシンプルです。また、ミシンなども必要なく、手縫いでできるところもポイントです。キャラクターものの生地などを使えば、子どもにさらに喜ばれるかもしれません。なお、投げたりキャッチしたりして遊ぶので、手指の知育にもぴったりです。

言葉や数を学びながら遊べる知育おもちゃ

おもちゃ遊びの中で言葉を学ばせたい場合は「パペット」を手作りするのはいかがでしょうか。可愛いぬいぐるみのようなおもちゃは子どもにも喜ばれるでしょう。用意するものは、フェルト、糸、ハンドタオル、針、はさみです。まずはフェルトでパペットの顔を作っていきます。モチーフは動物やキャラクターなど、子どもの好みに合わせて選んでください。表・裏で2枚分の顔型をフェルトから切り抜き、2枚合わせて縁を糸で縫っていきます。なお、顔の下、首の部分はふさがないようにするのがポイントです。縫い終わったらハンドタオルを三角におり、中心に切り込みを入れます。あとは切り込みをパペットの顔の下の穴と合わせて縫い付ければ完成です。パペットを手にはめてお話ししながら遊べば、楽しく言葉を覚えることができるでしょう。

また、知育玩具として有名な「タングラム」も手作りすることができます。用意するものは、マグネットシート、ホワイトボード、はさみ、定規です。全て100均などで揃えることができます。なお、タングラムの図形の見本をプリントしておいてください。作り方は非常に簡単で、マグネットシートを見本の通りカットするだけで完成です。さまざまな色のシートで作るのもおすすめです。数字や図形に関して遊びながら学ぶことができます。

なお、なかなか手作りする時間がとれない…という方は、おもちゃのレンタルサービスを活用する方法があります。さまざまな種類のおもちゃを、リーズナブルな月額料金でレンタルできるものです。自由におもちゃを選べるほか、月齢・年齢などにあわせて、最適なおもちゃを定期的に届けてくれるサービスなどもあります。使い終わったら返却すれば良いので、収納場所に困ることもありません。興味のある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

手作り知育おもちゃでのびのび子育てしよう!

手作りのおもちゃのいいところは、子どもに合わせてさまざまなアレンジができることです。好きな色、好きなキャラクターなど、子どもの喜ぶものをたっぷり取り入れた手作りおもちゃなら、きっと子どもにとって大のお気に入りになるでしょう。ぜひこの記事を参考にしながら、素敵なおもちゃを作り、子どもと一緒に遊んでみてください。