おもちゃの定額制レンタルサービス

KIDS LABORATORY

知育玩具

子供を健やかに育てるのに最適なおもちゃについて

知育玩具のレンタルはキッズ・ラボラトリー

子供におもちゃを買い与える場合、健やかに育ってほしいという願いが叶う高品質な一品を与えるのが親としての務めです。遊びの中で自然に心の成長が促されるのが知育玩具のメリットですが、子供によって最適な一品が異なることを注意しなければいけません。子供の知能や運動能力を磨くためにも、自ら進んで遊びたくなるようなおもちゃの選び方を学びましょう。

普通のおもちゃと知育玩具の違い

おもちゃは一般的には子供が遊ぶための道具を意味します。また、おもちゃと知育玩具の違いには具体的な定義はありません。どのようなおもちゃでも知育玩具と称することが可能ですが、知育の本来の意味である、思考力や判断力の成長を促す効果の有無がおもちゃと知育玩具の違いと言えます。普通のおもちゃも使い方次第では思考力や判断力を刺激しますが、知育玩具は成長や教育を目的として作られているのが大きな特徴です。普通のおもちゃは遊び道具として作られた物であり、頭を使って遊び方を工夫するのは後発的な効果に過ぎません。しかし、知育玩具は最初から考え、工夫して遊ぶように設計されています。そのため、子供の知能の向上や精神面の教育には知育玩具が適しているのです。

知育玩具の名前を持つ製品が多数売られていますが、その中で本当の意味での知育効果がある物は決して多くありません。知育玩具もおもちゃの一種なので、子供に扱いやすく、好まれる作りになっています。しかし、扱いやすさを重視するあまり、知育効果が低い製品になってしまうケースもあるのです。子供が手に取ってくれないと意味が無いため、扱いやすさを重視するのはしかたがありません。しかし、そのことばかりに気を取られてしまい、普通のおもちゃと同程度になってしまった製品もあります。知育教育の成果は目に見えるものではないことから、子供にどのような製品を与えるべきかを悩みがちです。メーカーの実績や口コミを参考にするのもひとつの方法ですが、それ以上に子供の好奇心をくすぐり、何度も遊びたくなるような物を選ぶのが良い成果に繋がります。

知育玩具の選び方と子供への知育に関する問題点

ひと口に知育と言ってもその方向性は様々です。小学校以上の教育を早めに教えたり、探究心や好奇心を育むなど多彩なのが知育の特徴であり、同時に問題点でもあります。子供ひとりひとりで好きなことや興味のあることが違うので、型通りの知育教育では良い結果には繋がりません。それどころか、子供が教育を受けるのを嫌がってしまい、親子が不仲になるケースも存在します。知育玩具も同様に、評判が良いとか有名メーカーが作っているなどの理由で与えても、子供が興味を示さなければ意味がありません。無理強いをすると却って嫌がってしまい、遂には遊ぶことすら拒否するおそれがあります。遊ぶことを嫌がる子供は精神的に問題があると見なされる可能性があるので、知育玩具を選ぶ際は子供の意思を尊重することが大切です。

しかし、生まれて数年程度の小さい子供は明確に自分の意思を他人に伝えることはできず、単純なイエスかノーの二択に留まることを把握しなければいけません。一時の気まぐれなのか、それとも心の底から嫌がっているのかを見極めないと、良い刺激をもたらす知育玩具を知らずに選択肢から外してしまうことがあります。子供が喜ぶ知育玩具を選ぶには、何よりもまずは力を入れなくても自由に扱うことができる点を重視することが大切です。小さい子供のわずかな力で操作できる作りでなければ、いくら知育効果が高いものであっても関心を示してくれません。子供が自分の力だけで自由に楽しめることが高品質な知育玩具に求められる最低限の条件になります。

おもちゃを選ぶ際、大人の力で扱うと軽すぎて物足りないと思う程度であれば小さい子供には丁度良いとされていたのが従来の常識でした。しかし、力の入れ加減は個人差があるうえ、知育玩具は子供の思考力を刺激するためにあえて、ある程度は扱いにくくなった作りになっています。そのため、知育玩具選びは実際に子供に触らせて決める方法が最適です。

自分で成し遂げることができる作りになっている知育玩具が最適

知育玩具は子供の考える力を育むための道具です。そのため、最初から簡単に遊べる物は知育玩具とは呼べません。どこをどう扱えばおもちゃとして楽しめるのかを子供が自分で考え、いろいろと試すことができる作りになっていることが知育玩具の重要な要素になります。その一方で極端に複雑な作りの物も子供に与えるおもちゃには相応しくないので注意する必要があります。知育効果の高さを謳う製品の中にはどのように工夫してもおもちゃとして遊ぶことができない、意地悪な仕組みの物が稀に存在します。大人でも使い方が理解できないほどの複雑な作りの知育玩具を与えてしまうと却って子供の健やかな成長を妨げるおそれがあるので、そのような製品は避けるのが無難です。

また、知育玩具は安全性も重要な選択肢に含まれます。子供が扱う物なのでおもちゃに安全性を求めるのは当然ですが、特に知育玩具の場合は遊び方を工夫する目的で作られた物なので、フタの開け閉めや内部の仕掛けが飛び出すといった構造の物が多数存在します。機械的な仕掛けが組み込まれている分、事故が起こるリスクも増大しているので購入の際には細心の注意を払うことが大切です。形状についても尖っていたり、誤って飲み込んでしまう可能性がある物は重大な事故に繋がる可能性があるので避けることを心がけましょう。考える力を育むことも重要ですが、まずは安全に遊べることがおもちゃの質の良し悪しを決めるポイントであることを忘れてはいけません。

子供に与えるべき高品質な知育玩具の共通点

同じ知育玩具でも質の良し悪しは存在するので、子供を健やかに育てるには高品質で面白い物を与えてやるのが親としての責任です。数多の知育玩具の中から我が子に最適な一品を選ぶためには、何度遊んでも飽きないように工夫されていることを確かめることが重要になります。健やかな成長を促す知育玩具の多くは飽きないように作り方が工夫されている共通点があります。子供は気に入ったおもちゃで何度も繰り返し遊びますが、これは行動がワンパターンということではなく、新しい遊び方を模索する表れです。質の良い知育玩具は子供が持つ、新しい遊び方を見つけようとする探究心を刺激する作りになっています。売られている金額や仕掛けの数はあまり関係が無いので、安くて見た目が単純でも実際に使うと非常に優れた知育効果があるという製品も珍しくありません。

知育玩具は用途の性質上、小さい子供が何度も繰り返し使う物です。小さい子供は力の加減がわからないので、手に持ったおもちゃを放り投げたり叩きつけることがよくあります。そのため、知育玩具は子供の力では壊れないほどの強度も必要です。少しの刺激で壊れてしまうようでは知育玩具どころか、普通のおもちゃとしても役に立ちません。その一方で頑丈に作ろうとするあまり、固くて重たい材質を使ってしまうと子供の力では扱うことが非常に困難になってしまいます。子供の力では壊れない程度の強度があり、扱いも容易な材質で作られている知育玩具を選ぶ必要があります。

知育玩具は楽しく遊べることと安全性の両立が必須条件

子供はおもちゃで遊ぶことにより、本人も知らないうちに考える力や工夫することの大切さを学びます。知育玩具は自分で考え、工夫する状況を意図的に生み出す仕組みになっているおもちゃです。良い知育効果を得るには子供にとって楽しく、何度も遊びたい作りの物を与えることが重要になります。また、子供は力の加減ができず、安全かどうかの判断も困難なので、重大な事故を回避できる安全設計な製品を選ぶのが親の務めです。