おもちゃの定額制レンタルサービス

KIDS LABORATORY

レンタル・サブスク

子供のおもちゃは買うよりもレンタル?

知育玩具のレンタルはキッズ・ラボラトリー

子供のおもちゃで悩んでいるママは意外と多いです。その中でも「どのおもちゃを選べばよいかわからない」「買ったりもらったりで、おもちゃがどんどん増える」「おもちゃを買い与えすぎではないか不安」などの悩みが多いです。子供に最適なおもちゃで遊べて、おもちゃに関する悩みが解決できる方法として、おもちゃレンタルがあります。おもちゃのレンタルをオススメする理由やメリット・デメリットを紹介します。

子供のおもちゃの役割とは

子供のおもちゃには、いくつかの大切な役割があります。おもちゃで遊ぶことで子供は多くのことを学びますので、無尽蔵に買い与えるよりも年齢や成長段階に合わせたおもちゃを選んであげるのがベストです。おもちゃの役割は大きく分けて5つあります。まず一つ目は考える力を育むことです。木のパズルや積み木などで思考力や想像力を育てます。二つ目は運動能力の向上です。ボール遊びやジャングルジムは、遊びながら体の使い方を学ぶことができます。

三つ目は達成した喜びを体験できるということです。遊びの中で「できた!」という喜びを感じることで、子供はチャレンジする楽しさを覚えることができます。四つ目は、様々な原理を覚えることができるという点です。物を上から落とすと落ちていく、磁石でくっつく物とくっつかない物があるというようなことを遊びを通じて覚えていきます。大人にとっては重力や磁力は当たり前のことですが、子供にとっては何回も体験することで覚えていきます。五つ目は言葉などを覚える大切なきっかけになるという点です。遊びながら自然に、ひらがなや英語、九九や地図などを覚えることができます。

このように子供はおもちゃで、ただ遊んでいるだけではなく思考力や想像力、観察力などを育てています。おもちゃは子供にとって多くのことを教えてくれる「教科書」の役割を持っています。子供の健やかな成長のためにも、正しく最適なおもちゃを選びましょう。

年齢別オススメの知育玩具

どんなに素晴らしいおもちゃでも、発育段階やタイミングを間違えてしまうと正しく遊べないことがあります。指で物をつまめるようになる前に、細かい動作が必要になるおもちゃは不向きです。逆に年齢に合わない幼すぎるおもちゃだと、学べることが少なく発見や驚きがないため、すぐに飽きてしまいます。子供がおもちゃが好きなのは、そこに新しい刺激があり好奇心が満たされるからです。年齢ごとに最適なおもちゃが異なっていますので、参考として年齢別オススメの知育玩具を紹介します。

0歳〜1歳の赤ちゃんには、一つの行動(握る・振る・揺らす・押すなど)で遊べるおもちゃで五感を刺激し、体の動かし方を学習します。ラトルやおきあがりこぼしなどです。口に入れても安全な物、清潔なおもちゃを選びましょう。落としたり放り投げたりするので、破損してケガをすることがないように丈夫な物を選ぶのもポイントです。

1歳〜2歳になると、指先の動きも発達して遊びの幅が一気に広がります。形をはめ込んだり開け閉めをするなど、自分の行動でどのようなことが起きるかを学習する時期です。この年齢の時期には簡単な型はめパズルや積み木などがピッタリです。

2歳〜4歳ではより学習性の強いおもちゃで遊ぶことが可能になります。自分で形を組み上げたり、規則性を発見したり記憶を使って遊ぶなど、高度な遊びに興味が移行して行く時期です。ひらがなブロックや数字パズル、英語カードなどのおもちゃがオススメです。

4歳以上の歳になってくると自分の好みや欲しいおもちゃの傾向がハッキリしてきます。お絵描きが好きな子、運動が好きな子など個性も出てきます。親としては「ひらがなを早く覚えさせたい」というような要望もあるとは思いますが、興味がないことを押し付けては逆効果になってしまいます。子供が興味をもっていることを伸ばしてあげるのが理想です。

おもちゃを購入するメリット・デメリット

おもちゃは購入するのが一般的ですが、購入することで、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。あまり深く考えずに購入し続けると後で後悔することになってしまいます。おもちゃを購入すると、そのまま持ち続けることができるというメリットがあります。思い出のおもちゃを保管しておくと次の子供が産まれたり、孫が生まれた時に使用したりすることができます。品質の良いおもちゃであれば、何年経っても遊ぶことができるので、親戚の子にお下がりでプレゼントすることもできます。

その反面、増え続けるおもちゃの収納に困るケースが多いです。子供の興味はどんどん移っていくので、どうしても飽きてしまいます。そうすると遊ばないおもちゃの置き場に困ってしまいます。室内用のジャングルジムや滑り台、ボールプールなどの大型おもちゃは特に収納に困るというデメリットがあります。さらに購入したおもちゃが子供に合わない、興味を示さずに遊ばないということも考えられます。大人が考える良いおもちゃと、子供が喜ぶおもちゃは必ずしも一致するとは限りません。高額なおもちゃを買っても子供が全然遊ばないという話もよく聞きます。このようなことになるとお金がもったいないですしガッカリしてしまいます。このように、おもちゃを購入した場合には置き場所や収納場所、選び方などに関してのデメリットがあります。

おもちゃをレンタルするメリット・デメリット

おもちゃのレンタルは口コミで評判が広がり、利用する型が増えているサービスです。おもちゃといえば購入するのが当たり前でしたが、今では賢くレンタルする時代です。おもちゃをレンタルするメリットは、収納場所に困らないという点です。その時一番子供が遊ぶおもちゃだけを家に置いておくことができるので、おもちゃに部屋のスペースを占領されません。遊ぶ時期が過ぎたら返却することで家の中をスッキリとさせることが可能です。

年齢にあった知育玩具などをレンタルすることで、高額なおもちゃであってもリーズナブルに遊ぶことができます。また購入を迷っている玩具などを一度お試しでレンタルしてみるのもオススメです。レンタルしたおもちゃが合わないようでしたら返却すれば良いので、気軽に様々なおもちゃを試すことが可能です。借りているおもちゃが、お気に入りになった場合には、そのまま買取ができるサービスもあります。レンタル品は特別料金での買取ができるので普通に買うよりもお買い得で入手できます。レンタルされるおもちゃは徹底された衛生管理とクリーニングをおこなっているので、常に安全で清潔なおもちゃで遊ぶことができるという利点もあります。

専門家が月齢や年齢に合わせて最適な知育おもちゃをセレクトしてくれるレンタルサービスもあります。どんなおもちゃが良いのかわからない時にはベビーコンサルトなどのプロの目線で選んだおもちゃを利用してみるのもオススメです。サービス会社によっては汚れや破損の無料交換サービスがあり、あやまって壊した時にも弁償代が不要なので思い切り遊ばせてあげることができます。

おもちゃのレンタルのデメリットは「自分だけのおもちゃ」ではないという点です。子供にとって、おもちゃは大きな存在ですので大人の都合だけで勝手に返却してしまうと、子供がショックを受けてしまうことがあります。子供の年齢にもよりますが、レンタルしていたおもちゃを返却する場合には、返却しても良いのか子供にきちんと説明をする必要があります。あまり遊ばなくなったおもちゃでも、返却するというと「まだ遊ぶ!」と言う子供も多いと思います。おもちゃで遊んだ楽しい記憶と独占欲の芽生えなど成長の表れでもありますが、遊ばなくなったおもちゃをいつまでも家に置いておくのはレンタルしたメリットがありません。返したおもちゃはまた新しい子供のところに行くこと、次の子がおもちゃが来るのを待っていることを説明して納得してもらうことが大切です。

うちの子にピッタリ!家はスッキリ!おもちゃレンタルを活用しよう!

おもちゃのレンタルの一番のメリットは、遊ばなくなったおもちゃの収納や処分に困らないという点です。返却することで常に家をスッキリとした状態に保つことができますし、年齢にあった最適なおもちゃだけを家に置いておくことができます。レンタル品は、いわば「みんなのおもちゃ」なので、乱暴に扱わずに大切に遊ぶことを教えることにも役立ちます。おもちゃとの新しい関わり方としておもちゃのレンタルをオススメします。