知育

シュタイナー教育とは?心が穏やかになる話題の早期教育

子どもの早期教育を考えたことがあれば、シュタイナー教育という名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。シュタイナー教育は、柔軟で俊敏な思考と、めまぐるしく変化する世界で協力して成功する能力を身につけるためのアプローチとして、これまで以上に高く評価されています。では、シュタイナー教育とは、実際にどのようなものなのでしょうか。シュタイナー教育は、幼児期から中等教育の終わりまでを対象としていますが、この記事では特に幼児教育に注目していきます。

シュタイナー教育とは?

シュタイナー教育は、1919年にヨーロッパで誕生しました。オーストリアの哲学者であり社会改革者であるルドルフ・シュタイナーは、子どもたちが自由で自律した人間になり、人生の目的や方向性を与えることができるような教育の必要性を認識していました。シュタイナーの思想に基づいた教育は、ドイツのルドルフ・アストリアたばこ工場内に、従業員の子どもたちに教育を提供するための学校がはじまりです。その後、ルドルフという名称が定着し、現在ではシュタイナーの考え方を取り入れた学校や幼児教育機関を指す名称として定着しています。国際シュタイナー・ルドルフ幼児教育協会によると、現在、世界75カ国に約2000の幼児教育機関があります。

シュタイナーのカリキュラムは、3つの発達段階に対応するように設計されています。0歳から7歳までは「身体」、7歳から14歳までは「想像力」、14歳から21歳までは「精神」です。シュタイナーのアプローチによると、最初の7年間は、その後の学習や生涯にわたる身体的、社会的、感情的、知的、精神的な成長を含む健全な発達のための基礎が築かれる時期であり、子どもたちの将来の幸福を決定づける重要な時期とされています。愛情に満ちた温かい雰囲気と健全な成長のための最適な環境を与え、教育者は子どもの自然な探究心や実験したい意欲を手助けし、模範となるような役割を果たすことが重要だと考えられています。

シュタイナー教育は、子どもや若者の人間的な精神を育み、道徳的な成長、社会意識、市民としての自覚を目指した総合的な学習です。シュタイナー教育を実践する多くの学校は、一人一人を育て、自然環境や人との関わり合いといった自分を取り巻く世界への敬意と畏敬の念につなげることを目指しています。芸術的、精神的、実践的、そして知的に働くことを基本としているのです。カリキュラムは、統合されているだけでなく、広範囲に渡って学際的で、文化的にも豊かなものであることが多いです。

私たちは、子どもたちが子ども時代を過ごす権利を大切にしなければなりません。幼少期の学習では、創造的で自分の意思を持った遊びを促進することで、子どもの成長を促します。これは、目覚めた自発性、想像力、柔軟性が後の教科学習を支え、大人になってからの革新的な思考の基礎になると考えられているからです。小学生の年齢では、クラス担任による芸術的なプレゼンテーションを中心としたアプローチで生徒の興味を引き、深い学びを促し、想像力の発達をサポートします。中等部では、自発性と独立した柔軟な思考を育むことで、生徒の覚醒した識別能力を高めます。授業は、教師との協力的で親密な関係と、生徒同士の生涯にわたる強い絆に基づいて行われます。スクールによって教育の価値観はさまざまですが、感謝、責任、協力、包括性、多様性、自発性などは共通しています。これらは精神性に基づいており、自己価値を高め、人間関係を豊かにし、社会における自分の立場を深く理解することが目的といえるでしょう。

シュタイナー教育の特徴とアプローチ

シュタイナー教育は、国連教育科学文化機関(UNESCO)によって、人種や文化の違いを超えた、人道的で差別のないアプローチとして世界的に認められている教育手法です。実際、ヨーロッパのほとんどの国で、国が資金を提供する主流の教育の一部として見込まれています。強い自己意識を持ち、社会的・経済的に責任ある市民として多様な能力を備えた、とても優秀な若者を生み出すことができることで知られています。

シュタイナー教育の主なアプローチ

  • 一人ひとりの子どもに愛情を持って関心を持ち、受け入れること
  • 幼い子どもたちにとって必要不可欠な活動として、簡単な遊び道具を使って自分から遊ぶ機会を設ける
  • 遊びは、幼児が自分の経験を消化し理解することを可能にする

幼い子どもたちは、真似をしたり、さまざまな感覚を体験したり、動いたりすることで学びます。物理的にはもちろん、社会的な環境を積極的に探索しているのです。シュタイナー教育では、子どもの周囲の環境について、何かを作ったり、制限したり、守ったりするだけでなく、リスクを取って挑戦する可能性が大切であると考えています。子どもが世界と健全な関係を築けるように、バーチャルな体験ではなくリアルな体験を重視しているのです。想像力と創造性の健全な発達を促すために、読み聞かせ、音楽、絵、リズミカルなゲーム、ロールモデルなどの芸術的な活動を行います。料理、お菓子作り、ガーデニング、手仕事、家庭内での活動など、意味のある実践的な仕事は、人間としての能力を発達させる機会です。学習成果よりも生活のプロセスに重点が置かれています。

このようなアプローチは、子どもが社会に貢献し、充実して成功する人生を歩むための準備といえるでしょう。自由で道徳的な責任を持ち、困難にめげない人として、自分の道を切り開く自信と能力を与えます。

シュタイナー教育の実践

1日、1週間、1年を通しての自然なステップは、安心感を与え、社会や人間関係を感じさせ、季節などの祭りは、文化的・地理的環境に応じて祝われます。シュタイナーのアプローチによると、子どもの最初の3年間は、子どもが最も心を開き、信頼し、養育者に依存する時期であるため、特に重要です。つまり、この年齢層の子どもたちを扱う教育者は、それぞれの子どものニーズを十分に満たすために、特別なスキルと個人的な資質を必要とします。また、3歳以下の子どもたちは主な学習方法の一つとして模倣を行うため、ロールモデルとなることの意味を認識していなければなりません。このことを念頭に置いて、シュタイナー教育者は、幼児期の子どもたちに保育や教育をする際に、以下のようなことを考える必要があるでしょう。

子どもの発達に関して

子どもは自らの成長を積極的に促す存在であり、学習と成長への道に自然に突き動かされていると考えられています。幼児期の子どもたちは、想像力に富み、ダイナミックで絵画的な方法で思考し「夢見る」(まだ知的で想像力に富んでいない)意識を持っていると考えられています。これは、就学前の環境が家庭的で親しみやすく、自然なものであることを意味しており、教師は知的な説明や指示を避けます。たとえば、子どもたちの質問には、専門的な情報ではなく「不思議だね」と答えたり、ロールモデルを与えたり、指導を避けるために慣れ親しんだ活動のリズムを作ったりすることができます。テレビや電子機器、あるいは学問や抽象的な知識など、過度の刺激は子どもの夢見る意識を阻害してしまうと考えられています。その代わり、教師は子どもたちに豊かで感覚的な環境を与え、子どもたちの自由な発想と行動を促します。

強い人間関係

幼稚園では同じ先生が担当し、初等教育(7~14歳)では別の先生に変わります。教師は、子どもたちの個々のニーズ、行動、性格、気質、両親や家族、そして子どもたちの精神世界について理解を深め、子どもたちがどのように学び、どのように教えるのが最善かを教師が理解していきます。保護者との強い結びつきは、保護者が実践の背景にある哲学を理解するのを支え、それを家庭で強化することができます。

大人の態度

シュタイナー教育者は、子どもとその人生全般に対して信頼、開放、感謝の態度を育むように努めなければなりません。また、仕事(料理、掃除、洗濯、庭仕事など)、体を動かすこと、自然を探索することなど、意味のある日常活動の重要性を示していくことが大切です。

子どもの環境

子どものニーズを十分に満たすためには、静かで、シンプルに、暖かく、穏やかで、子どもが安全に探検できる環境を用意する必要があります。おもちゃはシンプルで、自然の素材で作られているものが良いです。

リズミカルな日常生活

  • 規則正しい日常生活によって、子どもは安心・安全を感じ、健全な自尊心を育むことができます。
  • 安全で穏やかな環境で、質の高い十分な睡眠
  • 健康的な食事
  • 毎日の散歩など自然に触れること
  • 温かさ、存在感、そして喜びに満ちたケア

この他にも、物語の前にキャンドルを灯したり、歌や物語を演じて一日の始まりと終わりを知らせたり、子どもたちに安心感を与えるために同じ場所に物を置いたりします。

大人との出会い

子どもは人と関わることで社会と出会うことを学びます。そのため、子どもであれ大人であれ、どのような出会いであっても、敬意と思いやり、そして責任感を持って接する必要があります。

最初の7年間

シュタイナー教育は、エネルギーと生命力を高める実践によって、最適な身体的成長を促すことを目指しています。最初の7年間では、以下のことに重点を置いて教育を行います。

  • 各器官の最終的な分化、四肢の調整、感覚と神経系の発達を含む身体的な発達
  • 聞いたこと、感じたこと、経験したことを真似して学ぶこと(発達の大きな原動力となる)
  • 意思の発達、つまり決断や行動を最後までやり遂げる能力(子どもが問題を解決したり、想像力を働かせたり、創造的な遊びを発展させたりすることを可能にし、大人になってから識字能力、計算能力、創造的思考、自己実現を達成するために必要になる)
  • 7歳から14歳までの子どもたちは、心の中で絵を描き、感覚で世界を解釈する(14歳頃に思春期が始まると、抽象的な思考能力が発達すると考えられている)

自由に思い描く

芸術的なカリキュラムには、ビジュアルアート、クラフト、音楽、ダンス、読み聞かせ、演劇などが含まれます。また、子どもたちの自然な畏敬の念や不思議な感覚を高め、精神的なものや内面的なものとのつながりをサポートするために、すべてのものが創造的、芸術的な方法で子どもたちに提示されます。観察して描くことや色を塗ることではなく「色を使う」ことが大切だという考えです。童話や寓話などは、想像力を養い、価値観を教えるために、原型的なイメージを用いて語られます。これらの物語は、パントマイムや人形劇を伴って語られることが多く、教師の創造的な表現が求められます。歌や物語は、聞く力、概念、想像力を養うために使われ、子どもたちが遊びの中で使える絵やイメージを頭の中に描くためにも使われます。

自然の中での体験とおもちゃ

シュタイナー教育では、幼児期に読み書きや計算を教えることに重点を置いていません。これは、遊びを中心とした学習経験を重視した環境で、子どもたちが社会的、情緒的、身体的なスキルを伸ばすことに集中する機会を与えられたときに、これらのスキルがより簡単に身につくと考えられているからです。シュタイナー教育における1日は、子どもが主導する活動と教師が主導する活動を交互に行うパターンに従っています。子どもたちは、絵を描いたり、工作をしたり、料理や掃除などの家事をしたり、サークルタイムや絵本の読み聞かせ、音楽などの活動に参加します。

現場では、子どもたちが学び、遊ぶ環境の計画や設計に細心の注意を払い、あらゆる感覚的な事柄を考慮しています。できるだけ柔らかい角、落ち着いた色、プラスチックではなく自然素材を選び、そしておもちゃはシンプルで、自由に遊べるものを選びます。シュタイナー教育の学習プロセスは、簡単にいうと「頭で考え、心で感じ、手を使うこと」です。これは、子どもの学習面、感情面、身体面に関わるバランスのとれたアプローチといえます。シュタイナーの教師は、子どもたちが自主的に自由に遊べるような環境を作ることを目指しています。シュタイナー教育では、自由な遊びは意志の好ましい発達を助けるものであり、子どもたちは遊びを通して自分自身のアイデンティティや関係性、空想や現実を作り上げることができると信じられているのです。

自然の中での体験

幼児期の子どもたちは、特に環境から学ぶことに前向きで、自然界と一体になって多くのことを吸収します。屋外教育に多くの時間が割かれるのは、感覚や運動への刺激が重要であることや、自然の調和や美しさが子どもの想像力に合致すると考えられているからです。子どもたちは屋外で多くの時間を過ごし、砂や水、棒や石、葉っぱなどの素材を使って、自分の興味や自主的な遊びを通して自然界から学んでいきます。

シュタイナー教育が推奨するおもちゃとしては、木やコットン、リネン、ウールなどの自然素材が使われており、とてもシンプルで美しいのが特徴です。木のおもちゃは自然のまま、あるいは環境に優しい塗料で鮮やかな色に染められています。環境に優しく、幼い子どもが触っても無害です。形は意図的に基本的なものになっていて、手触りがよく、積み上げやすいようになっています。人形の特徴は、顔の特徴が最小限に抑えられていることで、これは、子どもが自分の表情や感情をイメージできるようにするというシュタイナー教育の原則です。また、シュタイナー教育が提案するおもちゃの最大の特徴は、説明書がないことです。子どもの想像力をかきたてるようにデザインされています。

作る・積む・組み立てる

高品質の知育おもちゃは、子どもたちの想像力の限りを尽くして、作ったり、積んだり、組み立てたりすることを促してきました。ブナやハンノキなどの原木を磨いて作られたもの、キラキラ光る石や半透明のキューブが付いたセットは色の記憶を学ぶには刺激的なおもちゃです。木のおもちゃは、組み合わせ次第で無限の可能性を秘めています。

ルールに縛られない

シュタイナーおもちゃは、さまざまな色をしていて、ルールに縛られない遊びができるのも特徴です。木製の虹色キューブなどで色や数え方を自然に学んだり、光にかざして万華鏡のような効果が得られるおもちゃは、自然からのインスピレーションを得られるでしょう。無害な染料で一つ一つ手作業で塗装され、子どもの想像力をかきたてるようにデザインされています。並べたり、曼荼羅や円形にしたり、思いのままに遊べます。

私たちは、子どもたちが成長し、学び、活躍するために必要な道具を与えることの大切さを理解しなければなりません。シュタイナーおもちゃには、その考え抜かれたデザイン、素材、そして教育的な原則において特徴的です。何時間でも自由に想像力を働かせて遊ぶことができます。

シュタイナー教育を日常に取り入れよう

シュタイナー教育の手法を試してみてはいかがでしょうか。子どもの想像力を豊かにするために、言葉で説明的に話しかけたり、毎日の家事を急いだりするのではなく、子どもに影響を与える学びの場と考えましょう。落ち着いてゆっくりと家事をこなすことで、心を込めることができます。また、子どもたちに与える遊び道具を見直せば、自然な素材を選んだり、子どもたちが屋外で自然に触れる機会を増やしたりできるでしょう。