知育玩具

知育教育に最適な知育パズル!期待できる効果や選び方を詳しく紹介

子供の将来のことを考え、知育教育を始めてみようと思っている親御さんも多いのではないでしょうか。知育教育をする時に役立つのが、楽しみながら色々なことを学べる知育玩具です。色々な知育玩具がある中で、知育パズルが注目を集めています。今回は知育パズルが子供にどのような影響を与えてくれるのか、知育パズルを選ぶ時のポイントなどを紹介していきます。

知育パズルは子供にどのような影響を与える?

知育パズルは子供の知育のために作られたパズルで、楽しく遊びながら知育教育を始めることができます。知育パズルを始めることで期待できるのが、子供の手先を器用にしてくれる効果です。様々なパーツを組み合わせて正しい形を作り上げるパズルは、指先の細かな動きが必要になります。ピースと掴む、動かす、はめるなど様々な動作を行うことで、手先の器用さを養うことができます。指先を動かすと脳に刺激を与えることができるため、脳の働きを活性化させる効果もあると言われています。

集中力を養う効果が期待できるのも、知育パズルの魅力の1つです。パズルを完成させるためには、ある程度の時間一つの作業に集中し続けなければなりません。パズルがだんだん完成していくのを見て、子供は達成感を感じながら作業することに慣れていきます。小さいうちから知育パズルを始めることで、何かを完成させるために一つの作業をやり続ける集中力を身につけることができます。集中力を身につけることは、記憶力の向上にも繋がります。どんな形のピースを組み合わせれば、完成の形に近づくのかを徐々に記憶することができ、繰り返し遊ぶことで記憶力向上の効果が期待できるのも知育パズルの優れた点です。

知育パズルは、ピースの形や絵柄をヒントにして、どのような形が出来上がるのかを想像しながら取り組みます。最初は難しいですが、何度も遊んでいるうちにちょっとしたヒントを頼りに、出来上がりを想像しながら、それに近づけるためにどのピースが必要なのかを考えるようになります。完成形を想像し、逆算しながらパズルを組み立てることで想像力が豊かになります。何かを具体的にイメージする力というのは、学校の勉強にも役立ちますし、大人になってから仕事をする時に欠かせないものです。小さなうちから想像力を養っておけば、将来様々なことに役立つでしょう。

子供に論理的思考力を身につけさせたいという時に、知育パズルは最適な玩具です。パズルを完成させる方法は1つではありません。ピースの形を見てそれに合ったピースを探す子供もいれば、最初に似たような絵柄や色のピースを分けてから作業を始める子供もいるでしょう。子供自身がどうすれば早くパズルを完成させることができるか、自分のやりやすい方法はないかなどを考えることで、自然と論理的思考力が身につきます。遊びながら自然と考える能力を養えるというのは、知育パズルの大きなメリットです。

どのようなポイントに注目して知育パズルを選べばよい?

知育パズルを購入する時に、色々な種類があって何を買えばよいのか迷ってしまう人もいるでしょう。知育パズルによって特徴が変わるため、親御さんが子供に合わせて最適なものを選ぶ必要があります。では、どのようなポイントに注目して選べば失敗しないのか、詳しく見ていきましょう。

子供の年齢によって選ぶべき知育パズルは変わる!

知育パズルを選ぶ時は、遊ばせる子供の年齢に合っているかをチェックする必要があります。知育パズルには対象年齢があり、どの年齢の子供に適した商品なのかが決まっています。1歳から3歳程度の子供の場合は、遊び方が限定されているものよりは、自由に遊ぶことができる知育パズルを選ぶほうがよいでしょう。1~3歳程度の子供は偶然性を楽しむ傾向があり、特定の遊び方ではなくおもちゃを使って自分が好きなように遊ぶのが大好きです。完成形が決まっている、手順が決まっているようなパズルよりは、ピースの組み合わせ次第で色々なものを作り出せるようなパズルが向いているでしょう。

3歳以上の子供になると、ある程度の認識力や思考力が身についてくるため、その認識力や思考力をより高められるような知育パズルを選ぶことがポイントです。単純なパズルではなく、応用が利くパズルなら自分で好きなように工夫しながら遊ぶことができます。効率的にパズルを完成させるためには何が必要かを考えたり、色々試したりしながらパズルを組み立てることで、思考力や認識力が身につきます。子供が想像を膨らませやすいように、自身で工夫する余地があるパズルがおすすめです。

難しすぎないことも大切

知育教育するなら、少しでも難しいパズルを選んだほうが効果的と思っている親御さんもいるかもしれません。しかし、あまりに難しいパズルを選んでしまうと、パズルを解く楽しさを味わう前に子供が飽きてしまう可能性があります。どんなに効果的な知育パズルでも、子供にやる気を持ってもらわなければ意味がありません。知育パズルは達成感を味わうのも楽しみ方の1つです。子供が無理なく続けられる難易度のパズルを選ぶようにしましょう。

子供の好みに合わせて選ぶ!

知育パズルにはシンプルなデザインのものから、絵柄がついたカラフルなものまで様々あります。どのようなデザインに興味を持つかは子供それぞれです。子供が興味を持ちそうなデザインのパズルを選んであげるのも重要なポイントになります。好きなキャラクターがある子供ならそのイラストが描かれているパズル、動物好きな子供ならゾウやキリンを組み立てられるパズルを選ぶのもよいでしょう。子供が自然に興味を持ってくれる知育パズルを選んであげれば、自分から率先してパズルで遊んでくれるようになります。

どのようなタイプのパズルを選ぶかも重要!

知育パズルには一般的なパズル用にピースを平面的に組み合わせるようなものから、立体的に組み上げるもの、型にはめ込むタイプ、木製のパズルなど様々なタイプがあります。立体的なパズルなら子供の空間認識力を高めることができますし、型にはめ込むタイプはピース1つ1つが大きく1歳程度の幼児でも簡単に扱うことができます。木製の知育パズルは子供の五感を刺激しやすい、癒し効果などがあるということで人気です。パズルの素材や形状によっても得られる効果が変わるため、それぞれのタイプの特徴を理解して、最適な知育パズルを選んでみてください。

子供が安心して遊べるように安全性の高い知育パズルを選ぼう!

安全性が高い商品かどうかもしっかりチェックしておく必要があります。小さな子供はおもちゃで遊んでいる時、間違った扱い方をして怪我をしたり、誤飲したりする可能性があります。そういったトラブルに備えて、安全性にしっかり配慮されている商品かを親御さんが見極めなければなりません。

誤飲防止のために大きなピースで作られている、口に入れても安全な素材が使われている、怪我をしないようにピースの角が丸く削れているなど、安全性に配慮された知育パズルを選ぶようにしましょう。おもちゃにはSTマークと言われる、日本の安全基準マークがつけられているものがあります。STマークがついた玩具は、様々な条件をクリアし安全性を認められたものです。商品を購入する時に、1つの目安としてSTマークがついているかチェックしておくのもよいでしょう。

お金の負担が気になるならレンタルサービスを利用するのもおすすめ!

知育教育のために知育パズルを購入したいけれど、お金の面でなかなか気軽に購入できないと悩んでいる方もいるかもしれません。知育玩具は他の一般的なおもちゃよりも、高めに価格設定されていることが多いです。そのため、購入を諦めてしまう人も少なくないでしょう。そういう人におすすめなのが、知育玩具のレンタルサービスです。購入するのではなく、一定期間知育玩具を貸し出してくれるサービスで、料金も購入するより安く済みます。また、レンタルなら返品して新しい知育玩具を借り直すこともできるため、色々な知育パズルを気軽に試すことができます。

処分する時のことを考える必要がないというのも、レンタルサービスも魅力です。知育玩具を買ったはよいけれど、子供が大きくなると使わなくなってしまいます。その時に置き場所に困り、仕方なく処分してしまうケースもあるでしょう。レンタルサービスは使わなくなったら返品すればよいため、置き場所に困りませんし、購入するよりも経済的です。経済的な理由で知育パズルの購入ができない、色々な商品を試してみたい、そういう方にレンタルサービスはおすすめです。

レンタルサービスを利用して知育教育を始めてみよう!

知育パズルは楽しみながら集中力や論理的思考力、想像力など子供の様々な能力を伸ばすことができる知育玩具です。知育玩具は高くて気軽に変えないと思っている方もいるかもしれませんが、レンタルサービスを利用すればお得に知育パズルを手に入れることができます。お金の面で知育教育を諦めている方は、レンタルサービスを利用して知育教育を始めてみてはどうでしょうか。