知育玩具

どんな布絵本が人気なの?月齢別のおすすめ商品をご紹介

布絵本は赤ちゃん向けのおもちゃの1つです。破れにくいことや、汚れても洗いやすいことなどさまざまなメリットがあり人気を集めています。種類が豊富なので、どの布絵本を選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。そこで本記事では、布絵本の特徴やメリット、選び方などとともに、月齢別のおすすめ布絵本をご紹介します。

布絵本とは

布絵本とはその名前の通り、布でできている絵本のことです。赤ちゃんや幼児向けのおもちゃとして、さまざまな会社から多数の種類の商品が販売されています。布絵本は人気の高いおもちゃですが、その人気の理由は布絵本ならではのさまざまなメリットにあります。

布絵本のメリット

布絵本のまず大きなメリットとしては、破れにくいことが挙げられます。紙の絵本は子どもが強い力で引っ張ると破れてしまったり、ページが取れてしまったりすることがありますが、布絵本は多少力を加えても破損する可能性は低いでしょう。また、布製なので汚れた場合でも洗って綺麗にすることができます。赤ちゃんのおもちゃは触ったりなめたりが多く汚れやすいため、洗濯しながら衛生的に使えるのは嬉しいポイントです。さらに、布絵本はコンパクトなサイズ感のものが多く、折れたりすることがないので、持ち運びやすいという利点があります。バッグの中にさまざまな赤ちゃんグッズを入れる親御さんにとって、気軽にバッグに入れて持ち運べる布絵本は非常に扱いやすく重宝できるでしょう。

選び方のポイント

選ぶ際に意識したいポイントとしては、布絵本の対象月齢があります。布絵本によって、どのくらいの月齢の子どもに適しているかが異なるので、購入前に仕様を確認し、自分の子どもの月齢にちょうどマッチする商品を選びましょう。また、布絵本に付いているさまざまな仕掛けに注目するのも大切です。ページの中にひっぱったりめくったりできる部分が付いている、絵本から音がするなど、布絵本にはユニークな仕掛けが盛り込まれているタイプも多くあります。この仕掛けによって子どもの興味関心が大きくなり、布絵本での遊びがさらに充実したものになります。子どもが楽しく読み進められるような仕掛け付きの布絵本を選ぶのもおすすめです。なお、ベビーカーに取り付けられるようなリング付きタイプや収納用バッグ付きのものなど、持ち運びのしやすさに注目するのも良いでしょう。

新生児におすすめの布絵本

それでは、月齢別におすすめの布絵本を紹介します。まずは、新生児から使える布絵本です。

めくってモー!おでかけ布えほん

牛と一緒にいろいろなところに出掛けるストーリーの布絵本です。文章の記載はなく、物語を作りながら子どもと一緒に読み進めることができます。動物が多数出てくるので、動物の姿と名前に触れさせるきっかけにもなるでしょう。布絵本についている牛のマスコットは振ると音が鳴る仕掛け付きです。

ベビラボ ~脳を育む~おでかけ布えほん

子どもたちに人気のキャラクター「アンパンマン」の布絵本です。アンパンマンのキャラクターたちが次々に登場するので、お気に入りのキャラを探しながら楽しく読み進められます。赤ちゃんが認識しやすい柄を使用しており、子どもの興味を引きやすいところもポイントです。また、鈴入りのアンパンマンマスコットや触るとパリパリ鳴るページなど、さまざまな仕掛けも付いています。

シグニチャーシリーズ おでかけ布えほん

キリンやライオン、ぞうなど多数の動物が登場する布絵本です。可愛らしいタッチとカラフルな色合いのイラストで、赤ちゃんも興味を示しやすいでしょう。なお、ライオンの顔が鏡のようになっていたり、猿のページに歯固めがついていたり、見るだけでなく体験しながら遊ぶことができます。

はらぺこあおむし どこでもソフトブック

世界中にファンを持つ有名絵本「はらぺこあおむし」の布絵本です。紙の絵本はまだ早いかな?という月齢でも、布絵本ならすぐにはらぺこあおむしデビューをさせられます。飛び出しているあおむしやソフトミラーなど、ユニークな仕掛けが付いていて、紙の絵本のはらぺこあおむしとはまた違った楽しみ方ができるでしょう。いちご型の可愛い歯固めがセットになっているところもポイントです。

生後3か月以上におすすめの布絵本

次に、生後3ヶ月以上の赤ちゃんにおすすめの布絵本をご紹介します。新生児よりさらにいろいろなものに興味を示し始めるので、好奇心をくすぐるような楽しい商品がおすすめです。

布おもちゃシリーズ どうぶつたちと冒険! 布えほん

ぬいぐるみのお腹からページが繋がっており、伸ばして読むタイプの布絵本です。コアラやラッコ、ヤギなどファンシーな動物が複数登場。ミラーやコアラ型歯固めなど、ユニークな仕掛けも付いていて楽しく遊べます。なお、収納する場合はページを折りたたみ、ぬいぐるみの手で留めるという仕組みで、使わないときも可愛くしまっておける点もポイントです。

Bright Starts フェアリーテール・ドリーム・ソフトブック

アメリカ製の布絵本です。パステル調のやさしいカラーやキラキラ素材を使ったおしゃれな色遣いが特徴的。かえるのお姫様のお話が描かれています。絵本の文字は英語なので、赤ちゃんの頃から英語に慣れ親しませたいという場合にもおすすめです。ページの角が歯固めになっており、またページを握るとパリパリ音が鳴ります。

キャンピングカブ・アクティビティベア

大きなクマのぬいぐるみが付いた布絵本です。ぬいぐるみの両側に絵本のページがくっついています。布絵本として使うほか、ぬいぐるみとして抱っこして遊んだりもできるオールマイティなおもちゃです。なお、おひさま型のミラーや魚型の歯固めなど、体験して遊べる仕掛けも付いています。

Dear Little Hands パリパリミニ絵本 トイストーリー

世界中で人気のディズニーアニメ「トイストーリー」の布絵本です。ウッディやバズ、エイリアンなどお馴染みのキャラクターが勢揃い。非常にカラフルな色使いと賑やかなイラストで、本物のおもちゃ箱のような楽しいつくりになっています。また、ページを触るとカシャカシャという音がなる仕掛けやしおりのような長いひもが、赤ちゃんの好奇心をさらにくすぐってくれるでしょう。

生後6ヶ月以上におすすめの布絵本

最後に、生後6ヶ月以上の赤ちゃんにおすすめの布絵本をご紹介します。これまでの絵本よりも、少しつくりが複雑なものでも理解できるでしょう。さらに多様な仕掛けがついたタイプやページ数が多い商品などがおすすめです。

くまのプーさん 布あそびえほん

人気のディズニーキャラクター「くまのプーさん」の布絵本です。プーさんやティガーなどのキャラクターたちが楽しげに遊んでいる姿が描かれています。ページを開くとパリパリ音が鳴るほか、風船部分を押すとピッ、傘の部分からは鈴のシャラシャラという音が聞こえます。さまざまな手触りや音の仕掛けが詰め込まれているので、赤ちゃんも飽きることなく遊んでくれるでしょう。

カシャカシャ布えほん カラフルちょうちょ

丸いページの形が特徴的な布絵本です。表紙に色とりどりの羽を持つカラフルなちょうちょが描かれており、非常に目を引きます。絵本の文章は全て英語ですが、日本語の対訳も付いているので安心です。さまざまな虫が出てきますが、「Two little spiders」など、数になぞらえているので数字の勉強にも良いでしょう。おしゃれなビニールバッグに入っており、収納や持ち運びに便利なところもポイントです。

ふわふわトーイ もぐもぐばあ

可愛らしいフルーツが多数登場する布絵本です。フルーツに付いている布をめくると顔が出てくる仕掛けが付いています。フルーツはいろいろな表情をしているので、どんな顔をしているのか声に出しながら読み聞かせをするのも良いでしょう。また、ページからシャカシャカ音が鳴ったり、鈴の音がしたり、触って聴いて遊べるところもポイントです。

わくわく にほんのごはん

いろいろなごはんが出てくる布絵本です。指先を使って遊ぶことにより脳を刺激する「ファインモータートイ」シリーズの1つとして販売されています。ごはん、焼き魚、お寿司など身近なメニューが多数登場します。お汁粉のおもちがポケットから出ていたり、焼き魚が開けるようになっていたり、楽しい仕掛けも盛りだくさん。また、お箸の形のマスコットが付いているので、遊びながらご飯の食べ方も学べるでしょう。

布絵本はレンタルで借りるのがお得でおすすめ

赤ちゃんが楽しく遊べる布絵本。破れにくい、洗えるなど、親御さんにとっても嬉しいポイントが多数あります。そんな布絵本はレンタルで借りることをおすすめします。レンタル品はその都度しっかりクリーニングするので非常に衛生的、使い終わったら返せば良いので収納場所をとらないというメリットもありお得です。ぜひ、知育玩具のレンタルサービスで布絵本を借り、赤ちゃんと一緒に遊んでみてください。