知育玩具

幼児用知育玩具メーカーのエド・インター

エド・インターでは幼児を対象にした幅広いタイプの知育玩具を販売していますが、子供が安心して遊ぶことができるように、安全性を非常に重視して製品の開発をしているのが大きな特徴です。日本で企画された安全な知育玩具を、世界中の子供たちに届けている会社です。

画像引用

株式会社エド・インター https://www.ed-inter.co.jp/

エド・インターの知育玩具で定番商品として人気なのが、森のあそび道具です。このおもちゃの特徴は、幅広い年代の幼児が遊んで楽しめるようにデザインされていることです。積み木のようにして遊んだり、型にパーツをはめて楽しんだり、子供の年齢に合った遊び方ができるおもちゃです。

料理に興味がある幼児に人気があるのがPETIT MARCHÉで、ままごと遊びがよりリアルに楽しめるのがこのおもちゃの魅力です。野菜の形をしたおもちゃを、おもちゃの包丁で切ることもでき、切った時に本物の野菜を切った時のような音がするので、子供も本物の野菜を切ったような気持ちになれます。将来、料理の勉強を覚える時のための練習用としても、役立てることができるおもちゃです。

PETIT MARCHÉシリーズの玩具の一つである「ままごとランチパーティ」は、子供にも人気のロールケーキやピザなどの形をしたおもちゃを、子供が自分で切ることができます。このおもちゃには、包丁とパンナイフの2種類のタイプのナイフが付属しているので、おもちゃに合わせて切りやすいほうを選んで切ることができます。もちろんナイフもおもちゃなので、子供でも安全に使用することができます。使うナイフを自分で選ぶことで、子供の考える力を自然に養うことができるおもちゃです。

低年齢の幼児に初めて与えることができるおもちゃとして人気があるのが、ふわふわトーイです。手触りの良いふんわりとした素材で作られているおもちゃなので、低年齢の幼児でも安心して遊ばせることができます。触ったときのやわらかい感触と温かみが、子供の好奇心を自然に刺激することができるおもちゃです。触ったときに鳴る音はおもちゃによって異なっているので、言葉がまだわからない幼児の知育にも役立ちます。使われている素材もおもちゃによって異なるので、手の感触から物の違いを感じ取る能力を養うこともできます。

子供の知的能力を育成するために開発されたのが、知の贈り物です。幼児教室と一緒に開発したこのおもちゃは、特に子供の考える力を自然に伸ばすことができるようにデザインされています。付属のテキストブックを使用しながら遊ぶことで、3歳の幼児から大人まで一緒に楽しむことができます。子供の成長に合わせて問題のレベルを上げることができるので、一台で何年も遊ぶことができる経済的なおもちゃです。この知の贈り物は、ギフトタイプの商品も販売されていて、子供のいる家庭にプレゼントすることもできます。

最新の技術が使用されている知育玩具もあり、applayは専用のアプリを使用して遊ぶことができるおもちゃです。昔ながらの木のぬくもりと、最新の技術が融合したハイテク知育玩具です。プログラミングの基礎的な力を養うことができるのもこのおもちゃの魅力で、子供の思考力を、遊びながら育てることができます。このシリーズのおもちゃの一つであるRoute_Finderは、10種類の模様替えがかれている木製のピースを組み合わせることで、スタートからゴール地点を結んでいくのが目的の知育玩具です。上手くピースを組み合わせないとスタートからゴールまでたどり着けないので、子供が自然に考える力を身に付けることができます。答え合わせを専用のアプリでできるので、答えがわからなかった時でも、わからないままにしないでおくことができます。

おもちゃとともに昔から子供に人気があるのが絵本ですが、この二つのものを一緒に楽しめるのがえほんトイっしょです。絵本だけでも楽しむことができ、おもちゃだけで遊ぶことも可能ですが、絵本を読みながらおもちゃで遊ぶことで、より楽しく遊ぶことができます。絵本の主人公になったような気持ちで、子供が遊びながら想像力を自然に養うことができるのが、魅力のおもちゃです。

えほんトイっしょシリーズのおもちゃの中でも一番対象年齢が低いのが「リズムにのってりすだんす」で、満1歳の年齢の幼児から遊ぶことができます。絵本に書かれているリスのキャラクターと一緒に、付属のおもちゃを使って一緒に動いて楽しむことができる知育玩具です。このシリーズにはその他にも、「おこめくんとママのおにぎりやさん」や「しょくぱんくんとサンドイッチ」といったラインナップがあります。いずれも食べ物をモデルにしたキャラクターが登場するのが共通した特徴で、小さな子供にも親しみやすい絵本です。

日本製のおもちゃであることに、強いこだわりをもって作られているのがNIHONです。このおもちゃは、日本製の木材で作られているのが大きな特徴ですが、作っているのも日本の職人で、日本製ということをとことん追求して作られています。おもちゃに塗られている塗料も、日本製のものを選んで使用しています。昔から日本の子供に親しまれてきた木製のおもちゃを、新しい価値観を追求しながら、日本だけでなく世界の子供にも届けたいという願いが、このおもちゃのコンセプトになっています。

エレファントシロフォンは象の形をしたおもちゃで、木琴のように子供が自分で音を出して楽しむことができるのが特徴です。音楽演奏を通して、子供の芸術的な感覚を育てることができるおもちゃです。つみきのいえはMサイズとLサイズの2種類あり、より低年齢の幼児が楽しめるNIHONシリーズのおもちゃとしては、いろはタワーやどうぶつラトルリスがあります。どちらも0.5歳以上の子供が対象のおもちゃです。

昔から長く親しまれているスタンダードなタイプのおもちゃが、木のパズルです。木の素材ならではの心地よい感触があるのが人気で、パズルのピースには適度な厚みもあるので、子供の小さな手でもつかみやすくなっています。パズルにはさまざまなタイプがあり、遊んでいるうちに自然に文字を覚えることができるアルファベットタイプのものや、子供が大好きな動物や乗り物の形状をしたパズルもあります。幅広い内容の知識を、遊びながら吸収できるおもちゃです。

子供の想像力を鍛えることができるのがGENIというおもちゃで、この知育玩具の特徴は、決められた遊び方がないことです。問題のように決められた解答も存在しないため、子供が自由に遊ぶことができるおもちゃです。自分で考えておもちゃの遊び方を工夫することで、子供の考える力を自然に育てることができます。Connectable Chain Cobit -12pieces-は、それぞれのピースをつなげて楽しむこともできる12個のピースがセットになっているおもちゃです。

一つ一つのピースは色や形がそれぞれ異なっていて、好きなピースだけを集めてつなげ合わせることもできれば、特定の基準に分けて、別々につなぎ合わせることもできます。それぞれのピースの共通点を見つけることで、子供の観察力や思考力を養うこともできます。6ピースのものも販売されていて、12ピースのものよりも価格が手頃になっています。3歳以上の年齢の幼児が対象のおもちゃです。

GENIシリーズの知育玩具の中でも、さらに子供の創造力を高めるのに役立つのがMy First Blocks Tsuminです。このおもちゃの対象年齢は1歳半以上で、Connectable Chain Cobitよりも対象年齢が低めになっています。子供に初めて贈る知育玩具としても人気のあるおもちゃです。子供が自由に組み立てて楽しめるように54個のピースが付属しているのがこのおもちゃの特徴で、三角や丸みを帯びたものなど、さまざまなタイプの積み木があります。

子供が組み立てやすいように、長方形の積み木を多めにそろえられているので、子供が頭の中に想像したものを自分の手で作れるようになっています。小さな幼児でも扱いやすいように、積み木は40ミリメートルの長さを基準にして統一されているので、つかんで簡単に積み上げることができます。付属のブックレットには、親が読んで参考になる、おもちゃの遊び方などが掲載されています。

上記のエド・インター製の知育玩具にはいずれも対象年齢があり、子供の成長に合わせて選ぶことができますが、子供の成長は早いので、すぐに新しいタイプの知育玩具が必要になる場合もあります。このような時に利用すると便利なのが、レンタルで知育玩具を利用できるサービスで、子供の成長に合わせて好きなおもちゃをレンタルできるので、子供の成長に合ったものを年齢に合わせて使用できるのが大きなメリットです。子供のいる家庭に広く利用されています。

レンタルでも借りられる知育玩具

知育玩具は遊びながら子供の知的能力を自然に高めることができる、人気のおもちゃです。自分で購入するだけでなくレンタルで利用することもでき、手頃な価格で子供のための知育玩具を利用できるので、多くの人に利用されています。子供は成長が早いために、成長したら知育玩具は不要になることも多いですが、レンタルならば必要な時だけ借りて利用できるので、非常に利用しやすいサービスです。