知育玩具

子どもの成長にいいって本当?年齢に合う知育玩具の選び方とは

知育玩具で遊ぶことは、子どもの能力を伸ばします。子どもが楽しく遊びながら学べるため、取り入れてみたいと考えている家庭も多いのではないでしょうか。知育玩具とはどのようなおもちゃなのか、一般的なおもちゃとの違いなどを詳しく解説します。年齢に合わせたおもちゃの選び方も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

子どもの成長におすすめの知育玩具とは

知育玩具は、子どもの知能を育むことを目的としたおもちゃです。子どもが遊びながら考えたり、表現したりすることによって、知能全般の発達をサポートします。教材を使った学習のように知識を増やすだけにとどまらず、子どものさまざまな能力を伸ばしてくれるでしょう。見ることや聞くことをはじめ、手先の器用さや体を使うといった能力の発達も育みます。バランス感覚や集中力、考えて表現する力など、多くの面で知能の発達を促してくれるでしょう。物事への意欲や社会性、やり抜く力なども身につけることができます。知育玩具は年々人気が高くなってきているため、多くの種類から選ぶことができるようになりました。子どもの興味がある知育玩具を選び、知能的発達を促しましょう。

一般的なおもちゃとの違いはあるの?知育玩具の必要性とは

子どもの成長を促してくれるおもちゃが知育玩具です。知育玩具は知能の発達を目的とし、かつ、子どもが楽しく遊べるおもちゃに限られます。一般的なおもちゃは必ずしも子どもの成長を促してくれるものではなく、子どもが楽しく遊べることを重視したものです。楽しく遊べるのはとてもよいことですが、遊びながら知育能力の発達を促せるのであれば、知育玩具を選ぶに越したことはないでしょう。知育玩具は子どもが楽しく遊びながら、自然に能力を伸ばせる点がメリットです。また、教材による学習とは違い、子どもが自分で考えて想像し、行動できる力を育むために必要といえるでしょう。

知育玩具は「子どもが楽しく遊びながら」という点が重要です。子どもは知育玩具と一般的なおもちゃの違いがわからないため、遊びたいと思うものを選ぶでしょう。そのため、子どもが遊びたいと思えるような楽しさや興味を感じる知育玩具でなければなりません。しかし、子どもは成長の度合いや、そのときの気分によって遊びたいおもちゃが変わっていくものです。子どもがおもちゃで遊ぶときは、成長に合った知育玩具をその都度選べるように、まわりの大人が用意しておく必要があります。成長すればするほど与えられたものだけでなく、自分が遊びたいと思うものを選ぶようになるため、子どもの好みに合うおもちゃを見極めることも大切です。

知育玩具を選ぶときのポイントとは?年齢別で見るおすすめの知育玩具

知育玩具を選ぶときのポイントと、年齢別におすすめの知育玩具を紹介します。

知育玩具選びのポイントは2つ

まずは、知育玩具の定める対象年齢に当てはまっているかを確認しましょう。知育玩具のメーカーは、おもちゃによって対象年齢を定めています。どの年齢でも遊べるものもありますが、知能を伸ばすためには年齢に合ったおもちゃで遊ばせましょう。年齢によりできるようになってきたことを知育玩具で遊ぶことによって、さらなる能力の発達を促します。もう一つのポイントは、発達段階や伸ばしたい能力に合うものを選ぶことです。成長の度合いは子どもにより違いがあるので、おもちゃの対象年齢を目安にしながら子どもに適したものを選びましょう。成長によっていろいろなことができるようになってくるなかで、伸ばしたい能力や、子どもが興味を持っていることに合っている知育玩具であることも大切です。体を動かして遊ぶことが好きな子もいれば、本をじっくり読むことが好きな子もいます。子どもが興味を持っていることを理解し、好きなことや性格に合うような知育玩具を与えましょう。

年齢による知育玩具選びの目安

年齢によって見られる成長や、その成長に合うおすすめの知育玩具を確認してみましょう。

0~1歳におすすめの知育玩具

生まれたばかりの赤ちゃんには、動いたり音が出たりするおもちゃをおすすめします。ベッドメリーやモビールなどは頭上で動くので、寝ている赤ちゃんが目で追って楽しめるおもちゃです。さわろうとして、手を動かすことにもつながります。生後半年くらいからは、ものを手でつかむこともできるようになってくるので、手の感覚を刺激する軽いおもちゃがよいでしょう。寝たまま手を伸ばしてつかめるベビージムやプレイマット、やわらかい素材のブロックやラトル等がおすすめです。万が一、おもちゃが手から離れて子どもに当たってしまっても、痛くない素材でできていれば心配が少なく済みます。

また、3歳過ぎくらいまでは、なめてしまっても安全なものを選ぶとよいでしょう。ケガをしないように角がとがっていないものや、清潔を保てるように洗えるものもおすすめです。子どもが飲み込んでしまうような小さなものは避けたほうがよいでしょう。

1歳頃におすすめの知育玩具

ものをつかんだり、にぎったりするだけでなく、手首を動かして遊べるようになってきます。できることが少しずつ増えていくことにより、子どもが自分から遊びたいと思うものも増えてくるでしょう。できるようになってきた動作を使って遊べる知育玩具を選ぶことで、さらなる成長を促します。ものに触れたり、つかんだりするだけの0歳とは違い、1歳になると手首を動かせるようになるため投げることも覚えるでしょう。

積む動作は2歳前後になることが多いものの、積んであるブロックを崩すことができるようになってきます。動作によって結果が見える遊びが楽しくなるでしょう。ブロックは手先の器用さや集中力、考える力を伸ばしてくれるおもちゃです。プルトイと呼ばれるひもを引っ張って遊ぶおもちゃも、手の使い方を覚えることができます。引っ張ると動くので視覚の能力を伸ばし、自分でくり返し遊ぶことで自主性も身につくでしょう。

目で見たものを追いかけて、たたいたり押したり、たおしたりすることもできるようになってきます。押すとブルブル動くおもちゃや、おきあがりこぼしのような同じ動作をくり返せる知育玩具は、集中力をアップさせてくれるでしょう。遊ぶことによりバランス感覚が鍛えられ、体をどのように動かしたらよいのか自然とわかってきます。また、色や音の違いも感じるようになる頃です。カラフルな布の絵本に興味を持つ子どもは多いです。仕掛けつきの絵本もあり、子どもの好奇心を刺激して感受性を育むことができます。たたく動作によって音が鳴るドラムや木琴もおすすめです。たたくことによって感じる衝撃は、手の感覚へのよい刺激となります。リズムや音の違いを感じることも感情の豊かさを育むでしょう。

ハイハイや、つかまり立ちができるようになってくるのも1歳頃です。つかまり立ちから伝い歩きになったら、手押し車を用意しておくとよいでしょう。手押し車で遊べるのは、伝い歩きが安定してくる1歳過ぎが目安です。押すことで自然に足が前に出るため、バランス感覚が養われて歩きはじめが早くなります。特に1歳頃はできることが多くなってくるので、成長に合わせて知育玩具を用意してあげると運動能力の促進に役立つでしょう。また、0歳のときよりも遊べるおもちゃが増えることで、子どもの楽しいという感情がまわりにも伝わりやすくなります。どのようなおもちゃが好きなのかわかりやすくなるので、興味のあるものを選んであげるとよいでしょう。

2歳頃におすすめの知育玩具

2歳になると、積む動作もできるようになってきます。やわらかい素材のブロックだけでなく、自然の素材を楽しめる木のブロックもおすすめです。積んだり重ねたりして遊べるスタッキングのおもちゃも、集中して楽しんでくれるでしょう。また、音が出るだけでなく、音階がわかるおもちゃにステップアップするのもおすすめです。音階がわかりやすいように色で分けてある木琴やシロフォン、音階の違いを楽しめるピアノなどがあります。

絵や形も理解できるようになってくるため、物事の順序を覚えられるようなおもちゃがおすすめです。パズルは脳の発達を促すのにぴったりの知育玩具といえるでしょう。パズルのピースがはまる場所を考え、見た情報によって手を動かします。観察力や記憶力、集中力を伸ばすことを促してくれるでしょう。はじめは丸や三角など単純な形のパズルを選び、できるようになったら少し難しいものにチャレンジさせます。取っ手つきのものは、子どもがつかみやすいのでおすすめです。子どもが好きな乗り物や動物といった形になっているパズルなら、より楽しんでもらえるでしょう。

3歳頃におすすめの知育玩具

色彩感覚と創造性の発達を促進する立体的なブロックがおすすめです。プラスチックや木製のほか、磁石のくっつく力を利用するブロックもあります。考えた形をブロックで作れたという達成感があるでしょう。写真や絵と同じようにブロックを組み立てることは、幼稚園受験でも行われています。動物や食べ物が書いてある神経衰弱のようなカード遊びを取り入れるのもよいでしょう。想像したものを描ける絵かきボードもおすすめです。くり返し書いて消せるので、子どもがうまく描けなかったときも再チャレンジしやすく、やり遂げる力や集中力がつくでしょう。

また、木製のおままごとセットもおすすめです。マジックテープでくっついている野菜を包丁で切ったり、お皿に盛ったりして遊べます。粘土遊びで好きなものを作るのも、考える力や手先の器用さの発達を促してくれるでしょう。安全性に配慮された、小麦粉やお米からできている粘土もあります。普段の生活で見ていることをマネすることは、想像力を養うことにつながるでしょう。

4歳頃におすすめの知育玩具

より手先が器用になってくるので、これまでよりも複雑なおもちゃで知育能力の発達を促します。玉転がしといったおもちゃは単純なレールだけではなく、迷路のようになったパズルでゴールを目指すものにすると考える力を養えるでしょう。先を読んで、目的を達成する力も伸ばします。また、言葉や数を本格的に覚えたり、音楽の演奏を楽しんだり、理解する力や感受性も伸ばしていきましょう。言葉や数が書いてあるカード遊びは難しそうに感じますが、遊びながらなので自然に覚えることができます。字を並びかえて単語を作ったり、箸や靴といった普段使うものの数を当てたりする遊びなど、さまざまな種類から選べるでしょう。音楽は音階を楽しむだけでなく、曲を弾けるようになると楽しみが一気に広がります。光る鍵盤を押していくだけで曲になる電子ピアノは、演奏した達成感を味わうことができるため芸術に対する理解も深まるでしょう。

5歳頃におすすめの知育玩具

ボードゲームやパズルなど、ルールを覚えて考えながら遊べるものは、集中力や問題に対する解決力などを成長させてくれます。相手がいる遊びは、コミュニケーション能力の発達にもよいでしょう。将棋やオセロなど、少々難しそうなゲームでも子どもは覚えるのが早い傾向にあります。楽しく遊びながら覚えられ、負けそうになってもあきらめずにがんばる力が身に付くでしょう。負けたときは悔しい気持ちをバネに、何回もチャレンジして上達することで、やり遂げる力がつきます。勝ったときに思いきり喜ぶことはもちろん、相手を思いやる気持ちも出てくるため、社会性の発達にも役立つでしょう。地図や国旗のパズルは、日本や海外を学びたいときにおすすめです。ゴールまでの道筋を考え、ルートを作っていくプログラミング学習の基礎になるようなパズルゲームもあります。

6歳以上におすすめの知育玩具

キッズ用タブレットを使って、遊びながらプログラミングを学べるゲームが人気です。プログラミングによって、自分で作った立体的なパズルを走らせて遊ぶといったものもあります。キッズ用タブレットはタイピングをはじめ、漢字や英語などの学習をゲームのように楽しめるでしょう。また、小学校入学のお祝いとして人気の地球儀もおすすめです。

知育玩具のサブスクを利用するのも一つの手

年齢や成長段階に合わせて知育玩具を与えているとすぐに増えてくるため、おもちゃ箱からあふれてしまうこともあるでしょう。収納場所を決めても、そのスペースに入りきるか不安になることもあります。また、忙しさから、おもちゃを選ぶ時間がなかなか取れない人もいるでしょう。いざ買おうと思っても、どのおもちゃが人気なのか、どのメーカーがよいかなど、悩んでしまう人もいます。せっかく購入しても子どもの興味がすぐに変わってしまい、長く遊んでくれるかわからないことから購入を迷うこともあるでしょう。

年齢に合わせた知育玩具を選んで購入し、成長に合わせて遊ぶおもちゃを変えていくことは、忙しい人にとって難しいときもあるかもしれません。特に仕事をしながら子育てや家事をしている人は、時間の確保がうまくいかないと感じることもあるでしょう。しかし、おもちゃ選びで子どもと遊ぶ時間が少なくなってしまっては、本末転倒です。使わなくなったおもちゃが多くなると、収納しきれずあふれてしまうことになり、家事に時間を取られることにもつながるでしょう。

ママやパパが子どもと一緒に過ごす時間が少なくなることは避け、できる範囲で知育玩具を取り入れてみるのもおすすめです。知育玩具は子どもだけで楽しく遊べるものもありますが、ママやパパと一緒に遊べるものもあります。一緒に遊ぶことで子どもがどのようなおもちゃに興味があるか、どのような能力を伸ばしてあげたらよいのかわかるでしょう。知育玩具で遊びながら、できるようになったことを教えてくれるときは、たくさん褒めてあげることも大切です。楽しければ楽しいほど子どもは遊びに夢中になり、知育能力の発達を促すことができます。家事をしながら、子どもを1人で遊ばせておくこともあるでしょう。おもちゃが寂しさを紛らわすためのツールになってしまわないように、子どもの好みに合った楽しく遊べる知育玩具を選ぶことが大切です。

忙しい人は、知育玩具のサブスクを検討してみましょう。年齢に合ったおもちゃをレンタルでき、成長に合わせておもちゃの変更もしてもらえます。子どもが気に入らないおもちゃや、遊ばなくなったおもちゃは返却できるため、収納場所に困ることもありません。多くの知育玩具のなかから届くので、さまざまな種類のおもちゃで遊べる楽しさもあります。クリーニングをしてくれる点は、おもちゃの衛生面が気になる人にも安心感があるでしょう。だれかと共有して使っているという意識から、ものを大切にする気持ちも学べます。

知育玩具を次々と購入するよりも、費用がかからない傾向であることもポイントです。子どもに合わせて知育玩具を選んでいくことが難しいと感じる人は、サブスクの利用も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。時間に余裕ができ、子どもとの時間を楽しめるでしょう。

能力の発達を促す知育玩具は年齢や成長に合わせて選ぼう

知育玩具は子どもが楽しく遊ぶだけで、自然に知育能力の発達を促します。ただし、年齢や成長に合わせて選ぶことがポイントです。また、伸ばしたい能力があるときは、その能力の発達を促してくれるおもちゃを選びましょう。子どもの成長に合わせて、知育玩具を変えていく必要があります。何を選べばよいのかわからないときや、忙しくて選ぶ時間がないときは、知育玩具のサブスクを利用するのもおすすめです。