知育玩具

プラントイのおもちゃの特徴は?適切なおもちゃの選び方のポイント

おもちゃは、好奇心や想像力を広げ、指先の動きや体の運動能力を高めるなど様々な役割を持っています。子供はおもちゃでただ遊んでいるだけではありません。おもちゃを通して知能などを高める学習をしているのです。そのため質の高いおもちゃを選ぶことが大切になります。おもちゃメーカーの「プラントイ」のおもちゃは、子供にとってどのような優れた点があるのでしょうか?プラントイの特徴やおもちゃの選び方を紹介します。

画像引用

プラントイジャパン株式会社 https://plantoysjapan.co.jp/

プラントイとは?

プラントイとは、1981年にタイ・バンコクで設立されたおもちゃメーカーです。木製おもちゃを主に取り扱い、おもちゃの材料になる木材にゴムの木を使用したことで注目を集めました。ただのゴムの木ではなく、利用価値の下がった廃材同然のゴムの木をおもちゃに生まれ変わらせることでリサイクル活動としても評価されています。ゴムの木は樹液から天然ゴムを生産しますが、その樹液も約25年ほどで採取されなくなるため最終的には伐採され炭にするしかありませんでした。プラントイは、そのゴムの木の廃材に着目し、環境に優しく安全なおもちゃを作り出したのです。

プラントイが世界的に有名になったのはゴムの木の再利用だけではありません。「プランウッド」という世界初となる取り組みです。プランウッドとは、ゴムの木の切り株を細かくチップ状にし、オーガニックの染料とわずかな接着剤を混ぜ合わせて成形しておもちゃの素材にする技術です。プランウッドは、水に強く、抗菌防虫効果があるためおもちゃに適した素材と言えます。

木製のおもちゃは製作の工程が多く、原材料となる木材の乾燥などに手がかかります。プラントイは製作の過程でも有害となる化学物質を使用していません。子供たちが安心して遊べるために、安全性にも十分配慮しています。幼い子供はおもちゃを舐めたり口に入れることがありますので、おもちゃの塗料も安全であることが望ましいです。プラントイは、有機溶剤を含んでいる塗料を使用していません。安全性を最優先に考え、無害な水溶性塗料を使用しているので安心です。

木製おもちゃは、プラスチックなどおもちゃと比べて水分が付着しやすいため、カビが発生することも考えられます。しかしカビ対策として防腐剤や防カビ剤を使用すると安全面で懸念が残るため、プラントイのおもちゃには防腐剤と防カビ剤は使用していません。カビが発生しないように普段のお手入れに気をつけていればカビは防げますし、万が一カビが出てしまってもアルコールで拭き取ることでキレイにすることが可能です。

プラントイは環境への取り組みにも積極的で、日本のプラントイジャパンでは2011年から森を育てる活動を始めています。おもちゃで遊ぶ子供たちの笑顔のため、子供たちの未来のために緑豊かな森林づくりに努めているのが特徴です。

木製おもちゃのメリットとは?

木のおもちゃが子供に良いと注目を集めていますが、なぜ木製であることが重要なのでしょうか。プラスチックは軽量で加工がしやすく、安価です。しかし、プラスチック素材のこのようなメリットと比較しても、木の方がおもちゃの素材としては優れているとされています。まず第一に焦点となるのが、手触りです。子供はおもちゃで遊ぶ時、おもちゃに触れます。金属やプラスチックの場合、熱伝導率が高いため熱を奪う力が大きいです。そのため触れた時にひんやりしたり、冷たさを感じることが多くなります。

これに対して木は熱が伝わりにくい性質のため、触れた時に冷たさよりも、あたたかみを感じるのが特徴です。子供は手に取った時にぬくもりや、すべすべした手触りに心地よさを感じます。そのため、ずっと手に持ち続けてもストレスを感じずに長く遊ぶことが可能です。おもちゃで長く遊ぶということは、飽きないということなので集中を育むことにつながります。木材は加工が難しいため、シンプルな形状になることが多いですが、その点も木製おもちゃのメリットとして働いています。シンプルなおもちゃは、子供の想像力や工夫する力を引き出すのに最適です。

一つの決まった遊び方しかできないおもちゃよりも、自分のアイディア次第で様々な遊び方のできるおもちゃがより子供にとっても魅力的だといえます。またプラスチックといった素材のおもちゃよりも、丈夫で破損が少ないです。木製のおもちゃはしっかりと作り込まれているものが多く、長く大切に遊ぶことができます。通常のおもちゃは長く遊ぶと変色や傷みなどが出て、くたびれた印象になるため、他の子供に譲るのも気が引けて結局処分するというパターンが多いです。しかし、木製おもちゃは長く遊ぶことで風合いが増し、アンティークのような雰囲気が加わるため、他の子供へ譲渡しても喜んでもらえます。

破損が少ないということは、子供が誤飲したりケガをするリスクも低いということです。木のおもちゃはプラスチック製のものよりも重さがあります。それをデメリットとして捉える人もいますが、程よい重さがあるため物をつかむ握力を鍛えたり、持ち上げる動作が運動になるといった点がメリットです。その他のメリットとしては、自然な音だけしかしないという点です。木から出る音なのでうるさくなく、子供が遊んでいる音にイライラしたりしません。子供は音が鳴るおもちゃも大好きです。しかし子供は飽きるまでなんども繰り返し遊びますので、電子音が鳴るおもちゃだと一日中同じ音を聞くことになり親はグッタリしてしまいます。

見た目の色彩もナチュラルな物が多く、原色を多用したカラフルなおもちゃと違ってインテリアにもよく馴染みます。

プラントイの人気シリーズとは?

プラントイのおもちゃには、いくつかのシリーズがあります。プランシティー・ドールハウス・プレスクール・アクティブの4つです。それぞれの人気シリーズを紹介します。

プランシティー

自分の町を自由に作ることができるシリーズです。様々なお店や空港、駅、消防署など様々な建物があり、それぞれどんな仕事や役割を持っているのか、どんな人が働いているのかを遊びながら学べます。道路や線路も自由につなげていくことができるので、車や電車が好きな子供にも人気です。町を走る乗り物も自動車や電車だけではなく、飛行機、ヘリコプターなどもあり、想像力が膨らみます。町で暮らす人々のラインナップも、家族や消防士、警官などバラエティー豊かです。

ドールハウス

ドールハウスはお人形の家で遊ぶ、子供の好きなおもちゃの一つです。プランシティーは町という大きなシチュエーションの中での遊びですが、ドールハウスはさらに身近な生活がテーマになります。ドールハウスの中に家具を配置し、何をする部屋なのか、誰の部屋なのかといったことを自由に想像して遊ぶのがポイントです。様々な家具や家電製品を役割などを考えて配置することで、整理整頓する力を養うことができます。

プレスクール

プレスクールは、思考と動作を刺激し子供の発達をサポートする知育おもちゃです。木のハンマーで木のペグを叩いて打ち込むおもちゃは、狙った場所にハンマーを振り下ろすコントロール力が必要になり、全部打ち込むことで達成感も味わえます。形合わせや、数合わせは図形や数へのアプローチができ、楽器はリズム感や表現力、音楽に対する感性をみがけるメリットがあります。積み木は幅広い年齢で遊べ、低年齢では積み木を持ったり積み上げたりすることで指先やバランス感覚を鍛えます。赤ちゃんには木のガラガラなど、プラントイはベビートイも豊富です。

アクティブ

おもちゃは体を動かし運動能力を育成する役割も持っています。プラントイには三輪車や木馬、車など、木製の乗り物玩具も豊富です。動きが必要なおもちゃがあれば遊びの中で体を動かし、身体能力にアプローチすることができます。木製の乗り物おもちゃであれば室内でも遊ぶことができるのでおすすめです。

おもちゃの選び方

子供にとっておもちゃは重要ですが、なんでも良いというわけではありません。子供の成長具合や年齢、好みなどによって適切なおもちゃを選ぶことが大切です。時期を外してしまうと、どんなに素晴らしいおもちゃでも興味を示さなかったり、うまく遊べなかったりしてしまいます。子供が今、何が好きなのかということに注目してください。また今持っているおもちゃとジャンルがかぶらないようにすることもポイントです。子供が喜ぶからといって、そのことばかりに注目して選んでいると、同じようなおもちゃばかりになってしまうこともあります。

できるだけ、おもちゃのジャンルは偏らないようにすることが理想ですが、大人が良いと思って選んでも子供が気にいるとは限りません。また、どんなにお気に入りのおもちゃでも、いつかは飽きてしまうということも考えておきましょう。特に大型のおもちゃは置き場にも困りますし、処分するのも大変です。年齢にあったおもちゃを用意して、なおかつ処分に困らない方法として、おもちゃのレンタルサービスがあります。おもちゃをレンタルすれば、人気の知育玩具や大型玩具をリーズナブルな金額で借りることが可能です。しかも、もし子供が気に入らない場合には返却すればお金が無駄になりません。

成長して遊ばなくなった時にも返却すれば、収納スペースに困らないので家の中をスッキリとさせることが可能です。おもちゃ選びでありがちな失敗を避けるためにもおもちゃのレンタルサービスは便利でおすすめです。

おもちゃのレンタルサービスはメリットがいっぱい!

プラントイは安全な木製おもちゃを手がけるおもちゃメーカーです。子供にとっておもちゃは、成長を促す重要な役割を持っていますので、プラントイのような高品質のおもちゃを選んであげるのが望ましいです。ただし、子供とおもちゃの相性を確かめるためには実際に遊んでみないとわかりません。その場合にはレンタルサービスを利用しておもちゃを試してみる方法がおすすめです。