知育玩具

おもちゃのお悩みはレンタルでスッキリ解決!

子供のおもちゃはプレゼントでもらったりすることも多く、どんどん増えていきます。子供の成長によって遊ぶおもちゃも変化しますし、おもちゃの置き場に困ることも多いです。その他にも、せっかく購入したおもちゃを子供に気に入ってもらえずに無駄になるといった悩みもあります。これらの悩みを解決する方法としておもちゃレンタルがおすすめです。おもちゃをレンタルするメリットなどを詳しく解説します。

おもちゃのレンタルとは?

おもちゃのレンタルとは、おもちゃを借りることができるサービスです。おもちゃレンタルサービスを提供している会社は多数存在しますが、サービスプランや特徴などが異なります。希望するサービスとマッチするレンタル会社を選びましょう。おもちゃのレンタルには、借りたいおもちゃを選んでレンタルするスタイルと、子供の年齢などに合わせて毎月おもちゃが届くサブスクリプションスタイルの2種類があります。例えば「室内で遊べる滑り台を借りたい」という明確なおもちゃがある場合には、おもちゃを個別でレンタルできるスタイルがおすすめです。

「1歳の女の子にぴったりの知育おもちゃを借りたい」といった場合には、サブスクリプションスタイルがマッチします。サブスクリプションスタイルは毎月定額の料金を支払うと、レンタル会社がセレクトしたおもちゃが届くので子供が飽きることがありません。おもちゃのセレクトをベビーインストラクターが担当している会社もあります。レンタルしたおもちゃは基本的に返却しますが、気に入った場合にはそのまま買い取りができる会社もあるので、おもちゃを試してみたいときなどにも便利です。レンタルしたいおもちゃが少なく、短期間の利用の場合には都度払いが向いています。

おもちゃレンタルには様々なサービスがあり、中でも組み立てサービスが人気です。おもちゃの中には受けとった後に組み立てが必要なものがあります。組み立て作業が苦手な人の代わりに、スタッフが自宅まで訪問しおもちゃを組み立ててくれるサービスです。大型のおもちゃなどは組み立てに時間がかかりますし、正しく組み立てないとケガなどの危険もあります。スタッフに組み立てをお任せすれば確実ですし楽ちんです。このようにおもちゃレンタルは利便性が高く、子供のいる家庭から注目が集まっています。

おもちゃの重要性

おもちゃレンタルの登場によって、おもちゃのとらえ方に変化が表れています。サービス開始当初は、おもちゃをレンタルすることに抵抗を感じる人も多くいましたが、賢いおもちゃの選び方として徐々に受け入れられているのが特徴です。子供にとっておもちゃは、ただの遊び道具ではありません。身体の運動能力などを育成し、好奇心を刺激するなどの大切な役割を持っています。子供はおもちゃを通じて様々なことを感じ、考え、想像したり工夫したりします。小さな子供にとって毎日の遊びが勉強であり、成長の場なのです。「たかがおもちゃ」と軽く見るのではなく、子供に合わせたおもちゃを選ぶことが重要です。

おもちゃの選び方は難しく、年齢や一人一人の好みによっても変わってきます。赤ちゃんの頃には、手触りが優しく音が大きすぎないものが好ましいです。なんでも口に入れる時期でもあるため、安全性も高くなくてはいけません。この頃は、まだ一人で遊ぶことができませんのでパパやママなど大人と一緒に遊べるおもちゃが多いです。指先が器用になってきたら、ボタンを押したりブロックを積んだりという遊びもできるようになります。自我の目覚めとともに、子供の「やってみたい」という気持ちや「できた」という達成感を満たせるおもちゃが最適です。

歩いたり走ったりできる年齢になると、体を使ったダイナミックな遊びも取り入れましょう。ボールや三輪車など遊びながら運動能力を育成するおもちゃも必要です。また一人で遊ぶおもちゃだけではなく、家族や友達と一緒に遊べるゲームなども成長するにつれて楽しむようになります。このように子供が必要とするおもちゃは、成長とともに次々と変化するのです。加えて子供は好奇心が旺盛であり、常に新しい刺激をもとめています。そのため、すぐに新しいおもちゃを欲しがるケースが多いです。大人は「おもちゃばかり欲しがって」と感じますが、子供にとってはごく自然なこと。

大切なのは、その時の子供にふさわしい安全で質の良いおもちゃを選んであげることなのです。その際には、おもちゃの与えすぎにも注意してください。子供が欲していないのに、どんどんおもちゃを与えるのはおすすめしません。おもちゃがたくさんあればあるほど、おもちゃへの愛着が薄れてしまう可能性があります。愛着がないおもちゃだと大切にできずに乱暴に扱いがちです。「壊れたら新しいおもちゃで遊ぶから構わない」という思考になってしまうのは良くありません。お気に入りのおもちゃであれば子供は自然と大切にしますし、そのためにはおもちゃを厳選することも必要です。

おもちゃレンタルのメリット

おもちゃレンタルには様々なメリットがありますが、中でも人気を集めているのが部屋がスッキリ片付くという点です。おもちゃは散らかりますし、収納や置き場所に困ります。限られた収納スペースをおもちゃで占領されてしまった家庭も多いです。おもちゃが片付かない理由の一つに、処分しにくいという特徴があります。おもちゃには思い出が詰まっているので、簡単には捨てられないという人も多いです。おもちゃレンタルを利用すれば遊ぶのはレンタル期間の間だけですので、期間終了後には返却してスペースを確保することができます。特に滑り台やジャングルジムなどの大型おもちゃは、遊ばなくなった時に収納に困るおもちゃの代表です。

大型おもちゃもレンタルを活用すれば、収納場所にも困りません。遊ぶ期間が短ければ購入するよりもレンタルのほうが安くなることもありますので上手に活用しましょう。子供が実際に遊ぶかわからないため購入を迷っている場合にも、レンタルで一度おもちゃを試す方法もあります。レンタルであれば、子供が遊ばないときには返却してしまえば最小限の出費で済ませることも可能です。赤ちゃんの月例や子供の年齢に最適なおもちゃを選びたい場合にもレンタルを検討してみてください。レンタル会社の中には、子供に合わせたおもちゃが毎月届くサービスもあります。

おもちゃや子供の発育に関する知識を持った専門家がアドバイザーとして、おもちゃを選んでくれる場合もあるので信頼できて便利です。会社にもよりますが、国内ではあまり出回っていない海外のおもちゃなどもリーズナブルな料金でレンタルできます。子供が欲しがるおもちゃと大人が与えたいおもちゃは必ずしも一致しません。特に親は「このおもちゃで、こどものここを伸ばしたい」という目的をもっておもちゃを選ぶパターンが多いです。しかし、結果的に子供の興味を得られずに遊ばないまま終わる場合も良くみられます。

その点、おもちゃレンタルであれば国内外を問わず質の高いおもちゃをレンタルすることが可能なので、子供も親も満足度が高いです。万が一、壊してしまった時にも無料で交換対応してくれる会社もありますから、安心して利用することができます。

おもちゃレンタルを利用する際の注意点

おもちゃレンタルを利用する際の注意点としては、まず子供の年齢にマッチしたおもちゃを借りることができるかどうかを確認しましょう。おもちゃのレンタル会社には、それぞれ特徴があり、赤ちゃんのおもちゃに特化している会社や幅広い年齢に対応している会社など様々です。利用する子供の年齢や好みに合うようなレンタル会社を選びましょう。料金プランも多数ありますので、どれが最適か検討することが必要です。基本的に都度払いは短期間だと安いですが、レンタル期間の長さによってはサブスクリプションスタイルを利用するよりも料金が高くなることもあるため注意してください。

衛生管理や修理・交換対応サービスがしっかりしている会社を選びましょう。子供が遊ぶおもちゃは清潔で安全でなくてはいけません。おもちゃの管理がずさんなレンタル会社は論外です。レンタル料金だけで比較するのではなく、サポート体制の充実している会社を選ぶと安心です。子供がレンタルおもちゃを気に入ったときのことを考えて、買取可能なサービスを利用するのかも事前に検討してください。買取サービスがなければレンタル後に手放すことになります。手元におもちゃを残したくない場合には買取サービスがなくても問題ありませんが、買取の可能性がある時にはその点も含めてレンタル会社をチョイスすることが必要です。

おもちゃレンタルを活用しよう!

子供が大好きなおもちゃですが、大人にとっては頭を悩ますことも多いです。おもちゃはどんどん増えますし、増えすぎてしまうと部屋はごちゃごちゃと片付きません。おもちゃレンタルを活用すればおもちゃの増えすぎを防ぎ、部屋をスッキリさせることができます。遊ばなくなったら返却すればいいので収納場所に困った時にもおすすめのサービスです。