知育玩具

おもちゃのサブスクのメリットとデメリット

子供の成長にはおもちゃが重要ということがよく知られるようになってきました。知育玩具も次々に開発されてきていて、幼児の頃から知性の発達を促せるようにおもちゃで遊ばせたいと思っている人も多いでしょう。その際に着目してみると良いのがおもちゃのサブスクサービスです。この記事ではおもちゃのサブスクとは何かをメリットやデメリットと合わせて紹介します。

おもちゃのサブスクとは

おもちゃのサブスクとはおもちゃに特化したサブスクリプションサービスです。サブスクリプションは定期購読とよく訳されている言葉で、毎月定額の料金を支払うことによって一定のサービスを利用する権利を手に入れられるのが特徴です。電子書籍の購読や動画の視聴のサービスとしてサブスクが取り入れられて多くの人から利用されています。この場合には定額料金を支払うとその月は電子書籍を読み放題、動画を視聴し放題になるというのが一般的です。同じサブスクリプションモデルでのビジネスも色々な方面で展開されるようになりました。そのおもちゃバージョンがおもちゃのサブスクサービスで、月額固定料金を支払うとおもちゃを交換しながらレンタルできる仕組みになっています。

おもちゃのサブスクサービスを提供している会社は複数あります。サービスの詳細を見ると違いがあるのは確かですが、概要は類似しています。毎月3千円くらいの費用を支払うことによって利用できる仕組みになっていて、常時3個から7個くらいのおもちゃをレンタルできます。そして、1ヶ月から2ヶ月くらいに1回の頻度でおもちゃを交換できるというのが一般的な特徴です。詳しくは会社ごとに提供しているプランを比較して選ぶ必要があります。料金や対象年齢、交換頻度や提供してくれるおもちゃの種類や個数が比較すると良いポイントです。支払方法や送料、手数料についても加味するとコストパフォーマンスが高いサブスクサービスを選び出せるでしょう。

おもちゃのサブスクを利用するメリット

おもちゃは子供に買い与えていくこともできますが、サブスクを利用するメリットは何なのでしょうか。使ってみるとよくわかるメリットを三つ紹介するので詳しく理解しておきましょう。

年齢に合ったおもちゃをいつも用意できる

おもちゃのサブスクを利用するといつも子供の年齢に合ったおもちゃを複数個用意できるのがメリットです。交換頻度が1ヶ月~2ヶ月なので飽きてしまうこともなく、成長のステージに応じて適切な対象年齢のおもちゃで遊ばせることができるでしょう。これほどの頻度でおもちゃを買い与えていると破産してしまうかもしれません。子供にとっては頻繁に新しいおもちゃに触れる機会を得られるのも嬉しい点です。子供を成長させるという意味でも新しいおもちゃに触れさせて、どうやって遊ぶのかを考えさせるのはとても重要になります。遊び慣れてしまったおもちゃばかりに囲まれているよりも創意工夫をする力を育めるのがサブスクを利用する魅力です。

購入と処分の手間を省ける

サブスクサービスを利用するとおもちゃの購入や処分にかかる手間を省けるのもメリットです。おもちゃの購入には費用がかかるだけでなく、おもちゃ屋に買いに行ったり、通販で商品を選んだりする手間がかかります。サブスクでもリストからおもちゃを選ぶ必要がありますが、希望すれば年齢に合わせておすすめのおもちゃの組み合わせを選んで送ってもらえるので手間を減らすことが可能です。

また、買ったおもちゃは使わなくなったら処分しないと部屋が窮屈になってしまうでしょう。買取サービスに出すのか、ごみとして処分するのか、近所の子供に上げるのかといった形でどうやって処分するかも考えなければなりません。しかし、サブスクならレンタルなので提供会社に返却するだけで済みます。おもちゃの数が多くなってしまって整理に困るような状況も起こりにくいことから、全体的に手間を省けるのがサブスクを選ぶメリットです。

物を大切にする心を育める

おもちゃのサブスクはレンタルサービスなので使ったおもちゃは返却しなければなりません。そして、新しいおもちゃが届いたときには他の子供が使った中古品を手にすることになります。このように皆で共有して使うおもちゃだということを子供に教えることで、物を大切にする心を育めるのもメリットです。物を大切に扱う気持ちを持たせるのは家庭での教育では欠かせないことで、保育園や幼稚園に通うようになってから他の子供たちと良好な関係を築くことに直結します。できるだけ小さい頃から当たり前と思わせるように育てていくのが効果的なので、早期からサブスクでおもちゃを用意するとより効果的でしょう。

高価なおもちゃも使わせやすい

サブスクは定額料金で利用できるのが特徴で、選べるおもちゃの価格もピンからキリまであります。ちょっと買うのには抵抗感があるような高価なおもちゃでもサブスクなら気軽に指定できるでしょう。知育玩具のように子供の知性を育むのに良いと知っていても、高くて買うのをためらってしまいがちなおもちゃもあります。このようなおもちゃを積極的に選んで遊ばせることができるのはサブスクを選ぶ魅力です。

おもちゃのサブスクを利用するデメリット

おもちゃのサブスクにはデメリットもあるのは確かです。よく指摘されているデメリットを対策と合わせて紹介するので、利用すべきかどうかで迷ったときの参考にして下さい。

交換する手続きが手間になる

おもちゃのサブスクを使うと感じることがあるデメリットとして定期的におもちゃを交換しなければならない手間があることがまず挙げられます。1ヶ月から2ヶ月に1回、段ボールを用意してレンタルしていたおもちゃを詰め込み、宅配便や郵便で送らなければならないのが大変になりがちです。ただ、交換は義務ではないので同じものを使い続けることもできます。子供が楽しく遊んでいるうちはそのまま借り続けるといった対策も考えられるでしょう。また、慣れてしまえば大したことはないと言う人もいます。おもちゃが送られてきたときの段ボールを保管しておけば段ボールを調達する必要もなく、集荷を依頼すれば自宅から出ずに返送できるので工夫をしていきましょう。

コストパフォーマンスが低いこともある

コストパフォーマンスについてはおもちゃのサブスクは必ずしも高いとは言えません。デメリットになるかどうかは使い方次第なのでよく考えて利用するようにしましょう。毎月3千円くらいの支払いがあるので、安いおもちゃばかりレンタルするとコストパフォーマンスが低いという印象を受けるでしょう。しかし、購入や処分にかかる手間をどう考えるか、次々に新しいおもちゃを手に入れられるのをメリットと感じるかも考えてみると決してコストパフォーマンスは低くないとも考えられます。この辺りは考え方によって印象がかなり違うので、自分なりに考えて納得できるサービスと思ったら申し込みましょう。

おもちゃの数に限りがある

サブスクサービスはおもちゃの数が限定されてしまうのもデメリットです。プランによって3個から7個くらいという感じで違いはありますが、たった3個しかないと子供が飽きてしまうということもあるでしょう。必要な個数を考えて、その数だけ借りられるプランを探すのが最も良い方法です。固定化されたプラン以外でも対応してくれる会社もあるので相談してみましょう。また、ずっと使えるおもちゃは買い与えて、さらにサブスクで色々なおもちゃをレンタルするという方法もあります。必ずしも大きなデメリットになるわけではないので、状況に応じて数の増やし方を検討してみましょう。

対象年齢に注意が必要

サブスクサービスでは対象年齢に注意が必要です。会社によって何歳から何歳まで対応できるおもちゃのラインナップがあるかが異なっています。なかなか良いサービスだと思って利用していたら、一年後には対象年齢外になってしまって適切なおもちゃをレンタルできなくなってしまう可能性もあるのです。サービスに申し込む時点で対象年齢が何歳から何歳までなのかを確認しておきましょう。途中で契約をやめて他のサービスに申し込むこともできます。ただ、対象年齢が合っていないのに間に合わせるつもりでレンタルしていても子供のためにならない場合もあるので、対象年齢を意識してサービスやおもちゃを選ぶのが肝心です。

年齢に合ったおもちゃをサブスクサービスでレンタルしよう

子供の成長を促すためには適切なおもちゃで遊ばせるのが大切です。サブスクサービスは月額固定料金の支払いでおもちゃを定期的に交換しながら利用できるサービスで、年齢に合ったおもちゃで遊ばせるのに適しています。豊富なラインナップがあって知育玩具のような高価なおもちゃも借りられます。子供を育てるおもちゃが欲しいと思ったらサブスクサービスの利用を検討してみましょう。