知育玩具

知育玩具とは?他の玩具や教材との違いを理解しよう!

知育に対する興味関心が高まる中で、玩具にも知育を想定したものが増えてきています。知育玩具と呼ばれている玩具が該当しますが、一体どのようなものなのかが気になっている人もいるでしょう。ここでは知育玩具について他の玩具や教材と対比しながら解説します。利用したいと思ったときの手に入れ方のコツも説明するので参考にして下さい。

知育玩具は他の玩具とは何が違う?

知育玩具は幼児から児童を主な対象として開発されている知能の発育を促すために作られている玩具です。子供たちが遊ぶための玩具もたくさんありますが、知育玩具はどのような点が違っているのでしょうか。まずは知育玩具にどのような特徴があるのかを、他の玩具と対比して確認していきましょう。

知育のためのコンセプトが取り入れられている

知育玩具は知育を促進するためにメーカーがコンセプトを盛り込んで作り上げられているのが特徴です。幼い子供にとってはどのような玩具だったとしても玩具に触れるのは新しいものとの出会いになります。どんなものなのか、どうやって使ったら良いのかと考えたり、実際に手で触って遊んでみたりすると多かれ少なかれ知性が育まれていくでしょう。つまり、子供の知的成長を促すという意味では知育玩具として開発されたものでなくとも効果を期待できることになります。しかし、その効果が大きくて子供の飛躍的な成長を促せるかというと一概に魅力があるとは言い切ることができません。

一般的な玩具はあくまで幼児や児童が親しみを持って遊べることや、暇なときにちょっと遊びたいと思うようになることを重視して作られているものがほとんどです。また、遊ぶときに必死に考える必要なく、いつも同じようにして手元を動かすだけで楽しめるように設計されているものもあります。初めて触れたときには新鮮でどうやって使うのが良いのかがわからずに自分なりに考えて使ってみるでしょう。しかし、遊び慣れてしまうとほとんど頭を使わなくても良くなってしまうことも少なくありません。そのため、継続的に知性を育めるとは限らないのが一般的な玩具です。

しかし、知育玩具の場合には使用する度によく考えなければならない設計になっています。使い切りの形になっていて何度も遊べないものもあるのは確かですが、多くの知育玩具は繰り返し遊べる仕様になっていて、その都度頭を使うことでより楽しめるように仕上げられているのが一般的です。また、表現を大切にする仕様になっている知育玩具も多くなっています。使い方やルールは同じでも、創意工夫をすることで今までとは違う表現ができて、子供が喜びや達成感を感じられるようになっているのが魅力です。このような設計によってまた遊びたいという気持ちが生まれやすく、もう一度遊ぶときにはもっと工夫をしたいという気持ちが生まれるようになっています。

このようにコンセプトには違いがあっても知的な活動を継続的に促せるように仕上げられているのが知育玩具の特徴です。ただ楽しければ良いというのではなく、毎回必ず頭を使うようにデザインされていて、知能の向上に持続的な貢献をするようになっています。

素材にこだわる玩具も多い

知育玩具は素材にこだわって作られているものが多いのも特徴です。知育を進めるためには五感を重視して感性に働きかけることも重要ということがよく言われています。プラスチック製の玩具は安価なメリットはありますが、幼児や児童の知育に関して言えば木製にこだわる価値があると考えられています。木は自然の代表格の一つで、大自然に対する興味関心を抱かせるきっかけになるのが魅力です。木には温もりがあり、柔らかさと硬さを兼ね備えた自然ならではの触感があります。また、使用している木の種類によって香りにも違いがあり、嗅覚にも訴えることが可能です。さらに木目や色合いなどは同じ木製でもかなり違いがあり、視覚的にも興味を抱かせる効果を期待できます。このような特性からただ木製というだけでもかなり知育を促す効果が高いと考えられています。

また、これからの社会を考える上では自然環境への意識を持たせることは欠かせません。持続可能な社会を築き上げる上では子供を育てる過程で十分に自然への親しみの気持ちを持たせることが重要になります。その観点からも自然を感じさせる素材で作られた玩具に普段から触れさせるのは効果的です。成長して自然環境問題について学ぶようになった頃にはきっとはっきりとした環境保護への意識を持ってくれるようになるでしょう。その土台を作る意味でも素材にこだわることが重視されていることが多いのが知育玩具の特徴です。

知育玩具は教材とは何が違う?

知育玩具は知性を発達させるものと考えると教材とは何が違うのかが気になる人もいるでしょう。教材を兼ねている知育玩具もありますが、必ずしも教材として位置付けられているものばかりではありません。知育玩具とは何かをもう少し詳しく理解するために教材との対比もしてみましょう。

考える力や表現する力を育むのが知育玩具

教材は特定の知識をつけたり技術を習得したりするために用いられるのが特徴です。典型的な教材としては教科書や参考書がありますが、読んで勉強することにより知識をつけられるものだということはよくわかるでしょう。手を動かして操作することにより理解を深められる教材もありますが、基本的には原理やルールなどをわかりやすくするために使われるのが特徴です。教科書などの内容の理解を促すために遊び感覚で使えるように設計された教材もあります。このように教材は特定の物事を学んで理解することを重視して作られているのが通例です。

それに対して知育玩具は考える力や表現する力を成長させることに力を注いでいるのが特徴です。知育玩具で遊んだからといって特定の物事について詳しくなったり、技術を必要とする作業がすぐにできるようになったりするわけではありません。知育玩具を使うと考える習慣が身につき、考え方の切り口も柔軟に思いつけるようになっていきます。問題解決能力が高くなる傾向が強く、好奇心も豊かになって疑問を持ったことに積極的に興味を持って解決したいと思うようになるのが一般的です。また、自分の気持ちや考え方についての豊かな表現力を体得できます。知育玩具は知能を高めることによって新しいことを習得しやすくする効果があるので結果的に学習が進んで詳しい人になれることや、新しい技術をすぐに学べるようになることもよくあります。教材によって学ぶ力も高まり、これから成長する上での基盤が身につくのが知育玩具の特徴です。

知育玩具は楽しめる

知育玩具は幼児や児童が楽しめるように作り上げられていて、子供が自分から率先して遊びたいと考えるのが普通です。最初のきっかけ作りには親の寄与が必要なことが多いですが、その後は放っておいても自分から知育玩具を使って遊んでくれます。そして、自分なりの創意工夫をして自発的に育っていくのが知育玩具の特性です。しかし、教材は教育のために用いられるのが基本なので、必ずしも子供が喜んで使ってくれるとは限りません。子供が楽しめるようにデザインしている教材も増えてきていますが、知識や技術の習得を優先しているために心から楽しめるものに仕上がっていることはあまり多くはありません。子供にとってはやらされているというイメージを持ってしまうリスクがあるでしょう。楽しめるのを前提にしているかどうかが知育玩具と教材の大きく異なる点です。

対象年齢が重要なのは教材と同じ

知育玩具も教材も対象年齢が重要になるという点は共通しています。知能は年齢とともに発達していき、その年齢に達するまでに色々な経験をして知性が育まれています。年齢ごとに適切な内容の学習機会を与えなければなかなか能力は伸びていきません。教材も知育玩具もその点では同じなので、対象年齢が設定されているのが一般的です。知育玩具は対象年齢が異なっていると使い方が難しすぎて楽しめなかったり、簡単すぎて知性を育む効果があまりなかったりすることがあります。教材も知能や今まで学んできたことに応じて適切な内容でないと理解できない、簡単すぎて意味がないといった状況になり得ます。年齢に応じた成長を促せる点ではどちらも同じだと理解しておきましょう。

知育玩具をうまく手に入れて子供を育てよう

知育玩具は子供の知能を遊びながら高められるように設計されている玩具で、子供の将来的な成長を促す上でも高い価値があります。年齢に応じた知育玩具を使用することで知性を育む効果が高まるため、成長とともに適切なものを手に入れて遊ばせていきましょう。年齢ごとに新しい知育玩具を買い与えるのは費用な負担が大きいことは否めません。レンタルをすれば年齢に応じて最適なものを調達できるのでうまく活用していきましょう。