2.ご利用方法について

どういったプランがありますか?

おすすめのプランは毎月おもちゃが届く毎月コースです。このプランは毎月1回の頻度で新しいおもちゃがご自宅に届きます。

毎月のお届けだと頻度が多いと感じる方には、1日換算でわずか78円の隔月コースがおすすめです。こちらはおもちゃの頻度が二月に1回の更新になります。

ご兄弟がいる場合には「兄弟パックをご利用」ください。こちらは金額は半額ですが、お届けする商品点数は同じ点数をお届けする大変オトクなパックです。お申し込みは、各プランを申し込んだ後に初めてご利用ができます。ご利用されたい方は、おもちゃコンシェルジュまでお申し付けください。

おもちゃのリクエストはどうすればよいですか?

キッズ・ラボラトリーでは、パパやママからのおもちゃリクエストを頂き、その内容を確認した上でおもちゃを選定します。リクエストの方法はサービスにお申込み頂いた後に、アンケートにお答えいただきます。

  1. 自宅にあるおもちゃの種類はなんですか?
  2. 過去にお子様が興味を示さなかったおもちゃはなんですか?
  3. 遊ばせてみたいおもちゃはありますか?

このアンケート結果に基づき、お子様一人一人個別にプランニングし、パパやママのご要望を反映してお届けしますので、 安心してお申込みください。 アンケートでは、お子様の趣向が合いそうなおもちゃを、コンシェルジュへリクエストしてみてください。きっと、お気に入りのおもちゃに出会えるはずです。

お届けしたおもちゃにお子様が興味を示してくれないと意味がありません。そんな時は直ぐに知育玩具コンシェルジュにご連絡ください。何度でも、何回でも、おもちゃを交換します。

お子様がおもちゃを気に入っているときは、翌月も継続して借り続ける事ができます。つまり、おもちゃの返却期限はないので、お子様と一緒に好きなだけおもちゃで遊んでいただけます。

届くおもちゃは具体的にどんなものですか?

おもちゃは「木製の知育玩具」を中心に5~7点ほどお届けします。グッド・トイアワードで受賞をしたおもちゃや、国内外の人気のブランドメーカーのおもちゃなど、他社では取り扱いが無いおもちゃをたくさん取扱います。

0歳児、お届けおもちゃサンプル例

産まれて最初は目の機能が発達します。モノを追っかけたり、遠くをみたり、色の識別機能が発達します。その後、お座りができ、ハイハイ、つかまり立ちと進みます。

この時期には、目で追える「ベビージム」や、握りやすく、鈴やビーズの音が鳴って興味を引き付ける「ラトル」など “安全性が高く、軽くて扱いやすい” おもちゃを中心にお届けします。

0歳児、お届けおもちゃサンプル例
0歳児、お届けおもちゃサンプル例

1歳児、お届けおもちゃサンプル例

1歳児はあんよ期です。パパやママの言っていることがわかるようになり、モノの名前・形・色がわかるようになります。

1歳半からは「モグモグ期」です。離乳食が終わり、細かな作業が指先でできるようになります。この時期の成長は個々の差が大きく、お子様の成長にあわせておもちゃを与えてあげる必要があります。

「手でつかむ」から「指でつまむ」ようになり、早い子だと歩き始めます。その為、「ルーピング」で手先の器用さを身につけたり、感情を豊かにする「ベビードラム」や「木琴」など音の出るおもちゃ。「形合わせスロープ」などをオススメしています。

1歳児、お届けおもちゃサンプル例
1歳児、お届けおもちゃサンプル例
1歳児、お届けおもちゃサンプル例

2歳児、お届けおもちゃサンプル例

2歳は「まねっこ期」です。魔の2歳児と呼ばれる事もありますが、なんでも自分でやりたがります。人のまねをすることに興味を持ち始め、友達の動きにも注目します。歩くのが上手になり走り出す子もいます。身長も伸びてきますから、トイレトレーニングも開始します。

この時期には、情緒や社会性を育む “ごっこ遊び” ができるおもちゃをオススメします。たとえば、男の子であれば「木製レールと電車のセット」。女の子であれば「木製のおままごとセット」です。レジスターや大工さんセットなども人気なので、必ずごっこ遊びができるおもちゃを中心にレンタルしています。

2歳児、お届けおもちゃサンプル例
2歳児、お届けおもちゃサンプル例
2歳児、お届けおもちゃサンプル例

3歳児、お届けおもちゃサンプル例

「ママ、見て」「わんわん、行っちゃった」など、単語と単語をつなげて話すようになります。 自己主張も強くなり「イヤ」「ダメ」など否定的な表現も出てきます。仲良しの友達ができ、社会性を身につける時期です。

身体的能力も発達します。「平均台」の上でバランスをとったり「両足とび」ができたりします。文字に興味をしめし、絵本の話が理解できるようになってきます。

この時期のお子様には “創造性を引き出す” おもちゃがオススメです。「レゴブロック」は有名ですが、マグフォーマーと呼ばれる「マグネットおもちゃ」入手が難しい「キュボロ」などをお届けします。

パパとママで一緒になって遊んで頂き、お子様の創造性を引き出してあげてください。

3歳児、お届けおもちゃサンプル例
3歳児、お届けおもちゃサンプル例
3歳児、お届けおもちゃサンプル例

4歳児以上、お届けおもちゃサンプル例

記憶力が発達しおしゃべりが上手になります。まとまった話ができるようになり、文字や文章を読むことに興味を示します。片足ケンケンができたり、じゃんけんを覚え、パパやママとお子様のコミニュケーションが、よりしっかりと取れるようになります。

手先が器用になり考える力が増えますので、少し複雑なおもちゃを送ります。たとえば「クアドリア」は木製レールとブロックを組み合わせ、ビー玉の道を作り、転がす複雑なおもちゃです。ブロックの方向を理解して組み上げる必要があり、適当に組み上げると、ビー玉が外に出てしまい、遊べません。この複雑なおもちゃを自らがやり遂げる事で、お子様に自信が生まれ達成感を感じる事ができるでしょう。

この時期からは、パズルのおもちゃもオススメですが、プログラミングが出来るおもちゃをお届けしています。2020年からは小学校でもプログラミングが必修になりました。カードをおもちゃに差し込んで方向を決めるような簡単なおもちゃから、ちょっとした指示ができるおもちゃです。

4歳児、お届けおもちゃサンプル例
4歳児、お届けおもちゃサンプル例

Instagramで #キッズラボラトリー とハッシュタグ検索頂くと、先輩パパやママの遊んでいる風景が乗っていますので、ぜひ、実際のお届けの雰囲気をご確認ください。公式ページでは、年齢別に遊んでいる動画(ストーリー)をご覧いただけます。あわせて御覧ください。

おもちゃのリクエストとアンケートについて

初回おもちゃのリクエストの方法について
初回おもちゃのリクエストの方法について

サービスにお申込み後、友達登録して頂いたLINE。または登録頂いたメールアドレス・ショートメッセージ(SMS) で、アンケートフォームのリンクをご連絡します。

アンケートでは概ね以下の内容について伺います。

  1. 自宅にあるおもちゃの種類はなんですか?
  2. 過去にお子様が興味を示さなかったおもちゃはなんですか?
  3. 遊ばせてみたいおもちゃはありますか?

こちらのアンケートにお答えいただき、お届けするおもちゃを一人一人個別に選定します。翌月以降のおもちゃについても、同様のアンケートにお答えいただき決定します。

2回目以降のアンケートの方法などについては、初回に同梱されている「にっこりガイドブック」という、サービスの使い方ガイドブックをご確認ください。

こちらのガイドブックはインターネットでは公開していません。同梱物としてお届けしています。

おもちゃの交換と返却の方法

定期的に、おもちゃコンシェルジュから使い勝手や次回の取り換えについてご連絡します。必要に応じて「一部交換」「全部交換」「交換しない」をお申しつけください

おもちゃを交換したい場合
おもちゃを交換したい場合

ご連絡は、次回お届け日の5営業日を目途に、ご登録頂いたLINE、またはメールアドレスにご連絡します。

お手元の不要になったおもちゃは、新しいおもちゃが届いてから返却ください。 交換・返却時にも、おもちゃは常にお子様のお手元にありますので、ごゆっくりお子様と遊んでください。

おもちゃの返却は「ヤマト運輸の着払い」で承ります。

おもちゃ返却先
〒272-0821
千葉県市川市下貝塚一丁目17番6号1号室
キッズ・ラボラトリー株式会社

この着払い伝票を同梱しています。

一部のおもちゃだけを交換したい場合

交換したいおもちゃの返却準備を進めてください。借り続けるおもちゃを返却する必要はありません。

全てのおもちゃを交換したい場合

新しいおもちゃがお手元に届いてから、返却をお願いしています。

交換がまったく必要ない場合

翌月以降の交換について伺いの連絡があるまで、おもちゃを返却する必要はありません。こちらから、お手紙だけは毎月お届けいたします。

おもちゃの交換手順

おもちゃの交換手順は、以下をご確認ください。ご不明な点があれば、お気軽におもちゃコンシェルジュにご連絡ください。

おもちゃの用意

今回返却するおもちゃをお手元にご用意ください。パーツなど部分的な返却漏れがないようにご注意ください。 複数パーツがある場合は、おもちゃの説明書や化粧箱をご確認ください。返却不備があった場合には、お客様送料負担にて返却をお願いしております。

おもちゃの清掃

返却前には簡易で構いませんので、清掃をお願いしています。お子様に、次のお友達が気持ちよく使えるように、清掃が必要な事を教えてあげてください。モノを大切に扱う心が芽生える大切な作業です。

梱包資材、緩衝材の用意

お届け時におもちゃが入っていた箱(規格80~140サイズ)におもちゃを入れてください。 梱包材、緩衝材を使いおもちゃを梱包してください。緩衝材を無くした場合は、代替品でかまいませんが、 傷防止にご協力お願いします。同梱されていた説明書は返却いただかなくて結構です。メーカーのマニュアルや透明の袋などはお戻しください。

ヤマト運輸へ集荷を依頼

同梱されているヤマト運輸の着払い発送伝票にお客様の氏名・ご連絡先を記載の上、梱包した箱の上部に発送伝票を貼り付けてください。もしも伝票を無くした場合は、 ヤマト運輸に集荷依頼の際に「着払い伝票を持ってきてほしい」と、お申しつけください。

交換のタイミングは、新しいおもちゃが届いてから3日以内のご返送をお願いしています。

佐川急便や日本郵便など、 ヤマト運輸以外での着払いについては、後日費用をご請求します。 ヤマト運輸のみ着払いで対応しますのでご注意ください。

おもちゃコンシェルジュへの連絡について

おもちゃコンシェルジュへの連絡は複数の方法があります。以下の方法からご選択ください。

LINEの友達追加で連絡する方法

友達追加URLのリンクを携帯からタップしてください。LINEアプリに切り替わります。友達追加が済んでいない方は追加してください。LINE友達登録をクリックしてください。LINEが立ち上がります。または以下のQRコードをカメラでスキャンください。

QRコードでLINEの友だちを追加 キッズ・ラボラトリー

LINEの画面で、以下の許可申請フォームが表示されます。「許可」のボタンをタップしてください。

追加が済んでいる方は、リッチメニューの「おもちゃコンシェルジュからの連絡を希望する」から連絡をください。緑色のメニューになります。(以下の画像はLINEのリッチメニューの画像です。LINEでご確認ください。この画面でタップしても特に動作しません)

お問い合わせやアンケートについては順次お返事しています。受付時間は毎日朝7:00-夜の23:00です。お問い合わせについては、順次ご連絡しています。

LINEのメニューが開かない場合

LINEのメニューが開かない場合は、LINEのバージョンが更新されてなく古い可能性がありますので、最新版に更新ください。下記URLをタップしてLINEのバージョンを最新にできます。「Free Download」ボタンをタップするとアップデートできます。

https://line.me/ja/download

「お問い合わせフォーム」に入力して連絡する方法

お問い合わせフォームからおもちゃコンシェルジュにご連絡ください。

直接メールで連絡する方法

以下のメールアドレスに直接ご連絡ください。メールのフィルタ処理などで確認が漏れる事が想定できますので、なるべくLINEまたはお問い合わせフォームをご活用ください。

連絡先 ⇒ info@kids-laboratory.co.jp