知育玩具

マタタラボで楽しくプログラミングを学ぶ

小学校でのプログラミング教育がスタートし、論理的に物事を考えることがますます重要視されています。しかしプログラミングと聞くと、どうしても難しく感じてしまうもの。親の側もどうやって教えればいいのか分からないのではないでしょうか。そんなときは知育玩具「マタタラボ」がおすすめです。具体的にどんな玩具なのか、早速チェックしてみましょう。

プログラミングを学ぶ狙いとは?

そもそも、なぜ小学校でプログラミング教育が必修化されるのでしょうか。優れたコンピューター技術者を育てるというのももちろん大切な理由ですが、重要視されているのが「論理的思考、創造性、問題解決能力などの育成」です。プログラミングとは、簡単に言うとコンピューターにどのような処理をさせるか、コードを使って順番に書き出していく作業のことです。しかしコードは時代に応じて変化していくため、小学校のうちからコードを覚えることは重要視されません。大切なのは「目的を達成するために、物事を順序立てて考える力」なのです。プログラミング的思考は、将来どんな職業に就くとしても必要となる力です。

「マタタラボプロセット」が優れている点は、単にブロックを並べてロボットを動かすだけではなく、作曲や図形の作図までブロックを組み合わせることでできてしまうという点です。機能が多彩なので子供でも飽きにくく、遊び方を工夫することで「STEAM教育」に繋がる創造性や探究心を刺激することができます。STEAM教育とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Arts(芸術)、Mathematics(数学)を総合的に学習する教育手法です。それぞれを単独で学んでいくのではなく、探求と創造のサイクルを生み出す分野横断的な学び方で、「課題を自ら見つける力」「物事をいろいろな面から捉え解決する力」「新しい価値を想像する力」を身につけることを目的とします。単に科学技術を使うだけではなく、自ら造れる人材が必要となるこれからの社会。プログラミング教育はその力を養うためのものとして注目されています。

プログラムを書くときだけではなく、日常生活でも重要となる「プログラミング的思考」とはどのようなものなのでしょうか。コンピューターは単純労働が得意なので、同じ動作であれば何十何百とこなすことができます。しかしコンピューターは0と1しか分からないため、実行できる動作は小さいのです。そのため、コンピューターに狙った動作を行ってもらうためには、コンピューターが実行可能なように物事を変換しなければなりません。この変換を行うための思考方法がプログラミング的思考、あるいは「コンピュテーショナルシンキング(計算論的思考)」です。まず複雑な問題を小さな部品に分解し、その相違点や類似点を見つけ出します。重要でない部分は無視し、重要な部分を解決するための手順を考え、一連の計画に編成していく。この過程を学ぶために、プログラミング学習が活用されているのです。

知育玩具「マタタラボ」とは?

プログラミングは非常に身近なものですが、勉強するとなかなか簡単にはいかないもの。小学校に先んじて学ばせてあげたいと思ってもどうしたらいいか分からないというお父さんお母さんが多いのではないでしょうか。そんなときは知育玩具「マタタラボ」で遊びながらプログラミング思考を学ぶのがおすすめです。マタタラボは、中国Matatalab社が開発した、四歳から遊べるプログラミング学習教材です。パソコンやタブレット、スマートフォンといったデジタルツールは不要で、単体で楽しく遊ぶことができます。ゲーム感覚で楽しみながら論理的思考力とプログラミング的思考が身に付くことから、非常に注目されている知育玩具です。

マタタラボは手のひらサイズの可愛らしいロボットです。このロボットを動かすためのコマンドは、カラフルなブロックの形をしていて、これを組み合わせるだけで簡単にプログラムを作ることが可能。複雑な操作やプログラミング言語は必要ありません。ロボットはイラストマップの上を移動し、指示を出すにはボードの上に「動作ブロック」を配置します。ブロックは移動だけではなく、音楽を鳴らすための「音楽ブロック」や、同じ動きを繰り返す「ループブロック」があります。どれも感覚的に使うことができるので、小さな子供でもいろいろな動きをロボットにさせることが可能。また、子供の工夫次第で遊び方のアレンジもできるので、楽しみ方は無限大です。

どうやって遊ぶの?

「マタタラボプロセット」には、ロボットの動かし方をレベルごとに学べる「チャレンジブック」が付属しています。まずはこのチャレンジブックでロボットの基本動作を覚えるといいでしょう。イラストマップ上でロボットを指示通り動かすためには、ボードに動作ブロックを設置します。動作ブロック一つでマス目一つ分ロボットが移動するので、まずはステージ1で狙い通りに動かすための進行ルートを考えることになります。もちろん、間違えたブロックを設置してしまってもやり直しは簡単。何度でも並べ直すことができるので、トライアンドエラーの体験を自然に積むことになります。右に曲がる、左に曲がるといった指示を出すことで、左右の方向も覚えられるでしょう。

ステージ2では、少々複雑な動きが登場。マップ上に障害物を置いてそれを避けるルートを考えたり、「音楽ブロック」を使ってロボットに歌を歌わせることになります。動作ブロックに「数字ブロック」を組み合わせることで、一マスずつではなく一気にコマを進めるなど、より複合的な動きを取らせることを学びます。ステージ2での模範解答は最短距離をロボットに通らせることですが、それ以外の道を通るようブロックを組み替えるのも楽しいでしょう。遊び方は子供達次第、好きなだけ工夫することができます。

ステージ3では、同じ動作をロボットに繰り返させる「ループブロック」など、実際のプログラミングに近付いた指令を出すブロックが登場。ブロックの絵柄はシンプルなので、子供でも感覚的に理解しやすくなっています。年齢的に理解が難しい場合は、親が手伝って一緒に遊ぶのもいいでしょう。

チャレンジブック以外の遊び方ももちろんできます。例えばロボットにペンを装着すれば、図形を書くことも可能。三角や星形を書くための「角度ブロック」を駆使して、狙った図形をロボットに描かせます。自由な図形を書くのも良いですし、お手本となる「アーティストトレーニングカード」を活用するのもいいでしょう。年齢が低いと「角度」を理解するのが難しいかもしれませんが、学年が上がれば算数の勉強としても活用することができるでしょう。好きな音を鳴らすことができる「ミュージックブロック」を使えば、作曲を楽しむこともできます。予めセットされた音を鳴らすのではなく、自分で自在にメロディを組めるのが嬉しいポイント。好きな曲を狙い通りに出すことができると、達成感も一入です。

マタタラボの嬉しいポイント

マタタラボ最大の特徴は、ボードにカラフルなブロックを並べるだけで、直感的にプログラムを組み立てることができるという点です。ボードに並べたブロックは、コマンドタワーに組み込まれた画像認識センサーが読み取り、Bluetoothでロボットにプログラムとして送信されます。そのため、別でパソコンやアプリケーションを用意する必要がありません。インターネット環境も不要なので、手軽に遊ぶことができます。いろいろな部品が付属していますが、パッケージがそのまま保管ボックスになっているので、片付け場所で苦労することもありません。

マタタラボは4歳から遊べる知育玩具です。子供が実際に手に取るブロックは、食品安全基準をクリアした材料で作られているため、万が一口に入れてしまっても安心です。またブロックは洗うことができるので、汚れてしまう心配もありません。ロボット本体も丈夫で鉛が使われていない安全安心設計となっています。

4歳から遊べる知育玩具ですが、大きくなっても十分遊ぶことができます。より高度な動きを組み入れたいときは、別売り拡張パーツ「マタタラボセンサー・アドオン」を利用するのが良いでしょう。「マタタラボプロセット」と一緒に使うことでプログラミングの楽しさをより広げることができます。ボタンでロボットを遠隔操作したり、音や光に反応する機能を付け加えることができるので、もっと複雑な動きをロボットにさせることができるのです。

まずはレンタルからスタート

マタタラボは、直感的にプログラムを学べる玩具です。単に与えられた課題をこなしていくだけではなく、工夫次第で様々な遊び方ができます。とはいえ、プログラミング玩具をいきなり買い与えて、果たして遊んでくれるか心配な人も多いでしょう。そんなときはレンタル制度を活用するとお得ですし、合う合わないを実際に触って確かめることができます。